コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スッチーだった頃 4

4.恐怖の脱出シュート

 スチュワーデスの訓練の中に、当時主流になりつつあった、ジャンボジェット機の
脱出シュートを滑り降りる避難訓練がありました。 
脱出シュートは不時着など緊急時に使用する脱出用の滑り台のようなものです。 
飛行機のドアが閉まり、離陸が確実になったら、緊急時に脱出シュートが開くように
スチュワーデスがドア操作して、パーサーに報告することになっていました。

ジャンボジェットは、高さが10m(翼を入れると20m)近くあります。 
ドアも地上から5mくらいの所にありましたから、高さ5,6m程の滑り台だと
思っていただけるとわかりやすいかもしれませんね。

訓練生はつなぎの作業着に着替え、順番に階段を上って、
脱出シュートのてっぺんにある台まで行きます。 
そこから、ポンとジャンプして、お尻をつけた状態で滑って降ります。 
斜面は、普通に滑り台を滑るのと同じ体勢なのですが、一刻を争うので、
ジャンプして飛び降りてもらうのです。

同期がどんどんジャンプして楽しそうに滑っていきます。 だって滑り台ですものね。 
いよいよマザーユウキの番です。
「さあ」 と台の上に立ち、シュートを見降ろしました。

「・・・・・!!!」

マザーユウキの頭の中に恐怖心が渦巻きました。 
「なにこれ!」
「こんな急角度、絶対前につんのめるわよー」
そう思った途端、マザーユウキの脚は動かなくなりました。 
台の上で立ち往生してしまったのです。
マザーユウキの後に上ってきた同期に、先に滑ってもらいながら、
マザーユウキはなんとか恐怖心に打ち勝って滑ろうと試みました。 
でも、なかなか思い切れませんでした。

とうとう同期全員が滑り終えて、マザーユウキ一人が台の上に取り残されました。
「大丈夫よ~」
「頑張って~」
同期の励ましを受けても相変わらず立ち往生のマザーユウキに、教官がかけてくれたのは、

「お客さんを助ければいいんだから、スチュワーデスは滑れなくていいよ」

という優しい???言葉でした。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。