コンテントヘッダー

ちょっと嬉しいこと二つ

昨日阪大への定期健診に行ってきました。
車で行ったのですが、高速に乗ったら予定よりずいぶん早く着いて、そのお蔭で診察の順番もすごく早く回ってきました。

私、高速入口から合流するのが怖くて、普段はほとんど高速を利用しないんです。
車が少ないと入りやすいけれど、混んでいるとすごく緊張しちゃいます。
でも、やっぱりすごく早い!


実は7月にぎっくり腰になったのですが、その前から左肩が痛くて、ぎっくり腰で病院に行ったついでに肩のレントゲンも撮りました。
腕を上げる時にとても痛いので、今近くの病院でリハビリしているのですが、原因は股関節にあるのではと心配していたんです。
この冬に、マッサージに行ったら、ストレッチをされて、そのあと股関節がすごく痛くなったこともあったりしたので。


でも、レントゲン写真を見て、先生一言
「まったく問題ありませんね」

で、先生に報告しました。
冬に1か月くらい痛くてびっこを引いて歩いていたこと、ぎっくり腰になったこと、左肩が痛いことなど。

「ぎっくり腰になったんですかー」って笑って
「お尻の筋肉が落ちてますね。筋力つけたら全部解消しますよ」
「脚の長さは同じにしてあるから、心配することないですよ」って。


菅野先生、絶対の自信を持ってらっしゃる。頼もしい~~~


確かに・・・
私、金力も筋力もない。トホホ

「先生、これどれくらいもちますか?」

だって、昔は、15年くらいしたら緩んでくるとか言われてましたし・・・  (心の中でつぶやく)


「まだまだ、30年くらい大丈夫ですよ」

「じゃあ、死ぬまで大丈夫ですね!」 にっこり。

これが一つ目のちょっとうれしいこと。


二つ目は母のこと。

阪大の後、実家(妹の家の敷地に建てた離れ、もう父は亡くなり母は老人ホームなので、私が帰省した時の宿になっている)に帰ったのです。

途中母のホームに寄ったけれど、案の定爆睡中で、寝顔だけ見てバイバイ。
で、実家で一泊して、今日またおやつの時間を見計らって寄ったのです。


そしたら、結構しっかり目覚めて、私が持って行ったフルーツを食べること食べること。
さすが私の母、食い意地はすごい!

30kg台しかないガリガリの母なんだけど、よく食べるのです。
若い時から、胃下垂であまり食べられなかったのだけど、今はそれを取り戻そうとしているかのように、よく食べます。

すぐ眠くなって、食べながら眠ってしまうこともあるようですが、今日は本当にしっかり目覚めて、1時間以上話せました。
もっとも、私が娘だと認識しているかどうかは、疑問。たぶん、面倒を看てくれるスタッフさんの一人と思っていたかも。

話も、話し出したとたんに、何を話そうとしていたのか忘れてしまうらしく、思い出そうと顔をしかめるんだけど、出てくるのは「うー」とか「あー」とか。
で、結局何を言いたかったのはわからない。そんなやり取りの繰り返し。

でも、久しぶりに、穏やかでにこやかな母の顔を見られたんです。
帰りには、スタッフさんが気をきかせてくれて、車いすの母をベランダまで連れ出して、車で帰る私に手を振らせてくれました。

母は9月で87歳。父が亡くなった年齢になります。



『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』
応援ありがとうございます。

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR