コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

人工股関節置き換え術

私は8年前に人工股関節置き換え術という手術を受けました。
明日は、術後経過を見る1年に一度の検診の日です。

私好みのハンサムな先生と、まるで七夕のような年に一度の逢瀬を楽しみにしているのですが、なにせ阪大。
待っている時間はバカ長いのに、先生との話は1分ほどで終わってしまうのです。
話が長くなるということは、何か問題があるということなので、それはそれで、ありがたくはないのですが。


私は幼稚園の時に、股関節亜脱臼で入院しました。
それがよかったのか、50歳を過ぎるまでまったく支障なく生活できていたのですが、閉経後に急激に悪くなりました。
おそらく、阪神淡路大震災で無理をしたのも、こたえたのでしょう。

震災では、自宅と5校あった教室のうち3校が被災しました。
家具が倒れ、物が散乱した自宅や教室の後片付け、その後も教室の閉鎖や移転などで、重労働が続きましたから。

手術を受ける前は、股関節の痛みがひどくなって、杖をついて歩いていました。
今の私しか知らない人には想像できないだろうなあ。
もっとも、7月にぎっくり腰になって、杖こそ突いていませんでしたが、完全におばあちゃん歩きになっていましたけどね。


医学は進歩は本当にすごくて、股関節を切り取って人工股関節に置き換えたのに、傷口は10cmほど。
私の場合入院も2週間でした。
仕事がなければ3週間入院したかったなあ。だって、食事もおいしいし、上げ膳据え膳ですものね。
そんなこと、人生でそうないから。
内臓関係の手術と違って、しっかり食べられるし、手術の後するのはリハビリですから。
リハビリだって、辛いっていう人もいたけど、どんどん良くなるのだから、全然苦痛じゃなかったし。

でもね、自分の足の重かったことと言ったら・・・
自分の手足が自由に動くってことが、どんなにありがたいか痛感しましたよ。

では、明日行ってきま~す。


人工股関節のことを書いたのは、もし、股関節のトラブルで苦しんでいる人がいるなら、と思ってです。
町で、脚を引きずって歩いている人を見ると、気の毒だなあって。
私は手術をお勧めしますよ。
人生変わりますから怖がらないで、諦めないで。



『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』
応援ありがとうございます。



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。