コンテントヘッダー

姥捨て山

子どもの頃に聞いた話で、印象に残っているものがあります。
本を読んでもらったのか、話を聞かされたのか、もう記憶ははっきりしていません。
覚えているのは、「男が年老いた母親を背負って山に捨てに行った。その山を姥捨て山と言う」ということ。

男が涙を流しながら山道を登り、母親が一人では帰って来られないところまで行って、置き去りにして帰るという。
その光景のイメージが頭の中に残っているから、絵本だったのかもしれません。
その話を聞いた時は、子ども心にもとても残酷な話だと思ったし、なぜ親を捨てるかまったく理解できませんでした。

でも、先日秋川リサさんが、母親の認知症のことを告白されている記事を読んで、この姥捨て山のことがふと思い出されました。

秋川さんのお母さんの症状はとてもひどくて、夜中も家を飛び出す、家の中で新聞紙に火をつけたとか、トイレ以外の場所で粗相し家の中は汚物とアルコールの臭いがしたとか、本当に壮絶です。

一口に認知症と言っても、症状は人によってさまざま。
何もわからなくなって、ボーとおとなしくしているなら、家族も面倒を看ることは可能でしょう。
でも、そんな扱いやすい認知症の方が少ないのかもと思います。

徘徊はもちろん、怒鳴りまくる、所構わず排泄する、人を泥棒呼ばわりする、人の前で服を脱ぎ始める、私が実際に見たり聞いたりした話です。

昔も認知症は当然あったでしょう。
突然自分の母親がわけのわからないことを言い出したり、しだしたりして、 やがて手に負えなくなる・・・
老人ホームなどない時代。

姥捨て山と呼ばれる山があった。
泣きながら親を捨てに行った男の話が、子どもの頃とまったく違ったものになり、身につまされます。


私の母も認知症で、養護老人ホームに入っていますが、もう私のこともわかりません。
父が生きている頃には、父と私が楽しげに話しているとやきもちを焼いて、私を睨んでいました。
母に会いに行く回数はすっかり減ってしまい、母への愛情が薄れていくのを、後ろめたく寂しく感じる今日この頃です。


『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』
応援ありがとうございます。

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR