コンテントヘッダー

嬉しい訪問

今日は転勤で関東に引っ越していたなおゆき君家族が九州への帰省の途中に寄ってくれました。
それに合わせて、同級生のさちかちゃんと1年下のこうき君も来てくれて、ちょっとした同窓会になりました。

みんな大きくなっているけれど、雰囲気はそのまま。3人で遊んでいると、タイムスリップしたみたい。まるで昨日のことのように思い出されます。

私のスクールのお母さんたちは、看護師さんや保育士さんも多いのですが、本当に常識的。
当たり前のことが当たり前にできる人たちなのですが、小学校へ行っていろいろな人と接すると、そうでない人も結構多いようです。
いわゆるモンスターペアレントも、常識の通じない人もドラマの中の話ではなく実際に存在する。

私達が育った時代とはすっかり変わってしまったという感想です。
もっともスクール生のお母さんたちは、私より一世代若いのだけれど、そのあたりまでは、古き良き時代が続いていたのかな。

昔もモンスターはいたのでょうが、圧倒的に数が少なかった。今は常識の通じない人の数が増えて、常識的な人が肩身の狭い思いをすることもある。

世の多くの母親は「わが子はやさしく思いやりのある子になってほしい」と願っているけれど、実際にそんな風に育っていく子は何%いるのかな?

もちろん母親だけの責任ではなくて、社会全体が子ども達を追い詰めていくから、人に優しくなんて言っていられなくなる。
人を蹴落とす、人を攻撃しなければ生き残れないと感じてしまう。

逆にやさし過ぎる子は、そういう環境に耐えられないから、引きこもったり登校拒否になって、人との関わりをなくそうとしてしまう。

学校にも家庭にも自分の居場所を見つけられない子たちは、夜の街にあふれて犯罪に巻き込まれていく。

若い頃は「なんとかして世の中を変えたい!」なんて本気で思っていたけれど、震災に遭ってからは、自分が生きるだけで精いっぱいになってしまったし。
もっとも私ごときに、世の中を変える力なんて当然ありゃしないんだけど、若かったのねえ~。

たぶん、これからも世の中が良くなるということはなくて、だんだん悪くなる世の中で、いかに自分のあるべき姿を保てるかを試される時代になるのだと思う。

だから、「自分はこうありたい」という姿が、人の道をはずれたものでないように、幼児期にしっかり社会性や協調性や道徳観を育んでおく必要があるのだと思う。
それを目指してやっているんだよね。わ・た・し

みんなには、「自分がこうありたい」と思う姿や「正しいと思うこと」が、人と違っても、世の中の流れと違っても、恐れずに生きていってほしいなあ。

たくさんの失敗や挫折や困難を肥やしにしてね。


『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR