コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スッチーだった頃 2

2.訓練所での学習

訓練所は、学校の教室と同じように教壇やホワイトボード (黒板だったかしら?)
があり訓練生用に机が並べてありました。そして、手渡された分厚いマニュアル。

1. 航空運送事業とは          2.エアライン・セールスについて
3. エア・カーゴのはなし 4.航空運送サービスとは
5. 安全な飛行             6.新しい日航機 SUPER JET と JUMBO
7. 安全性の担い手 ―メンテナンス―  8.日航マンのエチケット
9. 日航におけるコンピューターの活躍  10.これからの労使関係
一つ一つの項目が薄い小冊子になっていました。

日航マンのエチケットという小冊子、目次には
1.はじめに
2.エチケットとは  
3.職場のエチケット (1)挨拶(2)「規律について」(3)仕事のルール
4.身だしなみ   (1)服装 (2)清潔 (3)表情
5.職場での話し方 (1)職場における会話の要領(2)上手な会話、下手な会話(3)会話の心得12項 (4)喧嘩とならない議論の仕方
6.敬語の使い方  (1)敬語は必要か(2)敬語の効用(3)間違え易い使い方(4)「お」の乱用(5)「お」の効果的な用法(6)丁寧語の使い方(7)敬語の原則
7.応接のエチケット (1)待つ身になれ(2)差別をしない(3)毅然とした態度を(4)用談は簡潔に  5)心に微笑を
8.電話の話し方  (1)音声(2)要領よく簡潔に話すこと(3)メモを取る(4)作法をよくする(5)親切で行き届くこと
9.結び  ―よい人間関係のために―

当時の日本航空は半官半民で、国を代表するエアラインでしたから、
日航のマニュアルはおそらく日本で最先端を行くものだったと思います。
今ではすっかりマニュアル文化になって、マニュアル通りにしか動けないことを
揶揄されたりしますけど。

マザーユウキの社会人としての基本は、やっぱり日航で培われたものなんだ・・・
改めて感謝感謝です。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。