コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スッチーだった頃 1

JAL
先日妹が遊びに来て、久しぶりに昔のアルバムを取りだしました。
私が一番最初に就いた仕事、日本航空のスチュワーデス時代のアルバム。
もうすっかり色あせている写真。そして、写真と同じように
私の記憶も色あせてきています。
そこで、まだ覚えているうちに思い出を書き記しておこうかなと・・・
しばらく自分史が続きますが、よかったらおつきあいください。


1.ウェイトつけた訓練中

遠い昔(になってしまいました・・・トホホ)マザーユウキはスッチーだったのです。
マザーユウキが入社したのは、日本航空にジャンボジェット機が導入されて、
JALパックという海外旅行のパックツアーが出た頃でした。 
海外旅行が私達庶民の手に届くものになり始めた、言わば日本の高度成長期、
今思えば一番いい時代だったかもしれません。

今はキャビンアテンダント(CA)と言うようですけど、森英恵さんデザインの
超ミニスカートの制服の頃は、スチュワーデスと呼ばれていました。 
そうそう「アテンション・プリーズ」というテレビドラマで、
紀比呂子さん(こんな字だったかしら?)や氾文雀さんが来ていた制服です。 
若い人たちはきっと知らないわねえ。

関西人のマザーユウキは、半年間の訓練中蒲田の寮に住んでいました。
「アテンション・プリーズ」や「スチュワーデス物語」でも登場していた、
あのらせん階段のある寮です。 
と言っても分からない人の方が多いでしょうね。今もあるのかしら?

昔はスチュワーデスの訓練期間が半年もあったのですから、なんとも優雅な時代でした。
「訓練は厳しい」とよく聞かされていましたが、根が楽天家のマザーユウキには、
毎日蒲田の寮から羽田の訓練所に通う生活は、まるで学生時代に戻ったような
楽しいものでした。 

最近になって、久々に羽田空港に行くことがあって懐かしくて、
かつてのオペレーションセンターを探してみましたが、羽田もすっかり様変わり。
空港の派出所で、一番年配そうなお巡りさんにも聞いてみましたが、
もう40年以上昔ですものねえ。
方向すら分かりませんでした。

で、訓練中は規則正しい生活に加えて、寮の食事もとてもおいしかったものですから、
なんとマザーユウキは、厳しいと言われた訓練中に4kgも太ってしまったのです。 
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。