コンテントヘッダー

人生って? 3  -人生のテーマ- 

相対的な人間の社会では、差別ではなく区別は生まれます。
他の人と比べることでしか自分を特定できないのですから、仕方ありませんね。

男と女も違いますし、国が違えば、政治や経済、宗教も違います。
アメリカに生まれるか、アフリカに生まれるかでは、当然のことながら
まったく違う人生になります。 
同じ国に生まれても、その地域によって、気候や風習が違います。
その家庭によって、家族関係や経済的余裕度、抱えている問題も違います。

私は何故、日本に生まれたのか? 
何故、この両親の下に生まれたのか?

人生を一回きりと考えたら、世の中不公平だと思いませんか?
有り余る才能を与えられている人がいます。有り余る富を持つ家庭に
生まれる人もいます。
片や、雨露をしのぐ家さえない人がいます。
食べるものがなくて飢え死にする人もいるのですから。
人生が一回きりなら、神様はあまりにも不公平です。

でももし、魂の存在や輪廻転生を信じれば、まったく別の捉え方ができます。
『今回のこの人生』 という考え方です。
これまできっといろいろな国で生まれ、いろいろな環境の下で、
様々な人生を送ってきたのでしょう。
男であったり女であったり、黒人であったり白人であったり、
豊かな家庭であったり貧しい家庭であったり、善人であったり悪人であったり、
もしかしたら、犯罪者だったりもして・・・
そこから学んだこと、気付いたことを魂に記憶しながら
人生という旅を続けているのだと。

そう考えると、今回この環境に、この状況で生まれる、という設定を選んだ理由や
テーマがあり、今回の人生を生きる意味があるのです。
この環境に生まれたことで学び、気付く何かがあるのです。

ところが人生のテーマとその答えはそう簡単にはわかりません。
たぶん気付くのは死ぬ時ではないかと私は思っています。
言い方を変えれば、答えに気付いてしまったら、
肉体を持って生きている理由がなくなるからです。





スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR