コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

人生って? 2  -人間の社会-

私の実家は神道です。ですから仏壇ではなく神棚がありました。
神道は「八百万の神」と言うように全ての物に神が宿るという考えで、
言ってみれば自然崇拝。宗教としてはとてもおおらかです。
私自身は特定の宗教を持っていませんし、どんな宗教団体にも属していません。 
仕事に宗教を持ち込むつもりもありません。

けれど、宗教心は大切だと思いますし、魂や生まれ変わり(輪廻転生)を
信じるか信じないかで、人間や人生に対する考え方が根本的に違ってきますよね。 
この人生は一回きりのもので、二度と生まれてくることはないと考えれば、
生きている間に好きなことをしよう、やりたい放題しようという考えもあるでしょう。
行きたい所に行って、おいしいものを食べて、自分の好きなように生きたい。
そう考えても無理はありません。


逆に、魂の存在や輪廻転生を信じるとすれば、人生とは何か?という疑問も
沸いてきます。 
魂とは何で、人間は何のために生まれてきたのか?
何のために生きているのか? 何を目的として生きるのか?
 

人間は何のために生まれてきたのか、何のために生きるのかを考えるためには、
人間の社会がどうなっているのかを見なければなりませんね。

人間の社会は、相対的なものです。
分かりやすく言えば、みんな背丈がバラバラだから、背の高い人や低い人が存在します。 
もしみんなが同じ背丈なら、背の高い人も低い人も存在しません。 
太っている人、痩せている人もしかり。 きれいな人、そうでない人。 
頭のいい人、悪い人。 歌の上手い人、下手な人。 スポーツの得意な人、苦手な人。 
強い人、弱い人。 健康な人、病気の人。
世に中の人みんなが優しければ、優しい人も存在しません。 
悪人がいなければ、善人も存在できないのです。 なんだか禅問答みたいですけれど。

もし、人間がみんなピンポン玉のように、同じ色、同じ形であれば、
自分というものが存在できるのでしょうか?
自分と同じ姿かたちで、同じように考えるクローン人間ばかりの世界を想像すると、
ちょっと気持ち悪いですけど、私という人間を他の人とどう区別できるのでしょう?
自分と言うものの存在意義すらなくなってしまうのではないかしら?

もし、みんなが何もかも同じなら、人間の社会は必要ないでしょうね。 
そうじゃないということに意味があるのでしょう。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。