コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スッチーだった頃 21

21.終わりに

マザーユウキが飛んでいた1970年代は、飛行機の墜落事故とハイジャックという
航空史上最悪の出来事と、大型機がどんどん導入されJALパックなど海外旅行が
身近なものになった、航空史上もっとも華やかな出来事が交錯する不思議な、
そしてある意味激動の時代だったと言えるでしょう。

私の人生の中で、日本航空という日本のトップクラスの企業に入社できたことは、
その後の人生を大きく左右する出来事でした。
今は事情が許さないでしょうが、当時半年もの訓練期間を与えてもらえたことに、
今でもとても感謝しています。
その後経営者になったマザーユウキは、それがいかにありがたいことか
痛感することになりましたから。


私が、どこへ行っても、どんな場所でも、どんな相手とも物おじせずに振る舞えるのは、
日本航空で、社会人としてのしっかりとした基礎を作ってもらったからです。
今でも日本航空OGとしての誇りを持っています。

やがて、英語による幼児教育という今の仕事に行きつくまで、まだまだ紆余曲折が
ありますが、この時の経験がきっかけになっていると言っても過言ではありません。


半官半民でスタートした日本航空は、その後厳しい道をたどることになります。
日本航空だけではなくて、当時世界最大の航空会社だったパンナム
(パンアメリカン航空)も消滅してしまいました。
まさしく栄枯盛衰、時代は変わりました。
でも、マザーユウキの中の日本航空は、今でも鶴丸が燦然と輝く航空会社なのです。



日本航空時代のことをこんなに詳しく書いたのは初めてでしたが、書いているうちに、
引き出しの奥の方に引っ込んでいた記憶がどんどん顔を出し、
私自身懐かしく思い出に浸りながらペンを進めることができました。

個人的な古い経験談をお読みいただいてありがとうございました。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。