コンテントヘッダー

スッチーだった頃 20

20.さらば日航

スチュワーデスになると決めて、短大に進んだマザーユウキは、
20歳で家を出て日本航空に入社しました。
日本航空の入社試験は、三次試験までありましたが、思い返せば、
合格通知はなんと電報でした。

一次試験に合格すると、電報で二次試験の日程を知らせてきました。
二次試験で合格すると三次試験の日程が。
そして、「まだか、まだか」とドキドキしながら待った三次試験の結果。
飛びあがって喜んだことを思い出します。

当時クルーは東京に住むことが条件でしたから、最初に書いたように
とりあえず蒲田の寮に入ったのです。
東京へ行く時、泣きじゃくっていた妹の姿は、今でも目に浮かびます。
マザーユウキも、飛行機事故に遭うなんてことがなくても、
もう家に帰ることはないだろう。
巣立ちする鳥のように、後戻りできない広い世界に飛び出していく気分でした。

そんなマザーユウキですが、事故やハイジャックが続き、さらに、マザーユウキが
どんどん痩せていったことで両親を心配させていることを、もはや無視することは
できなくなっていました。

図太い神経で、訓練中に4kgも太ったマザーユウキですが、
飛び始めてから2年足らずで、8kgも痩せてしまったのです。
機内では食べてすぐ動くことになりますし、不規則な生活や時差などが結構堪えます。
身体が丈夫で体力的にこの仕事が合えば、ずっと続けていたいと思える仕事でしたが、
もともとバスに乗ってもすぐに酔っていたほど、乗物に弱かったマザーユウキ。
体重が10kg減った時、退職を決意しました。


日本航空で、社会人としてのしっかりした基礎を築いてもらえたこと、
そして若くして世界を飛び回るという、普通ではできない経験をさせてもらったこと。
日本航空を離れても、この経験をぜひ活かしたいという強い思いを抱きながら、
最後のフライトを終えました。

思い返してもマザーユウキの日本航空での思い出は、楽しいことばかりでした。
ただ一つ、モスクワでの事故を除いては・・・
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR