コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スッチーだった頃 18

18.安全神話が崩れた日

忘れもしません。
1972年6月、アムステルダムのホテルに滞在中、
チーフパーサーから緊急招集がかかりました。

そんなことは滅多にありませんから、嫌な予感。
夜でしたから、みんな部屋にいて、すぐに全員が
チーフパーサーの部屋に集まりました。

そこで聞かされたのは

「日航機が事故を起こしたらしい」

というものでした。
みんなに緊張が走り、部屋の空気がピンと張りつめたのがわかりました。
「今のところわかっているのは、ニューデリーでの事故ということ」

恐らく、この時、世界中にいた日航の社員は、
同じ気持ちを味わったことでしょう。
世界一安全と言われた、日本航空の安全神話が崩れた日でした。

マザーユウキ達も、緊張と不安を抱えアムステルダムから帰国。
フィックスクルーの先輩スチュワーデスMさん、Tさんと
同期Fさんと一緒に、合同の告別式に参列しました。

「こんなの二度と嫌だね」
と先輩達と話しながら別れました。
3カ月間のフィックスが終了し、この先輩達とまた一緒に
フライトできる日を楽しみにしていました。


それから5カ月経った11月のこと。
メキシコのホテルで、またパーサーからの緊急招集。
ドキドキしながら、暗いホテルの一室で、聞かされたのはモスクワでの事故。

「わかっているのは、クルーの中にDさん、Sさん、そして
Tさんと言う名前の人がいるらしい」

DさんもSさんもマザーユウキには心当たりがありませんでした。
でも、Tさんは・・・
その時は下の名前も分からず、男性か女性かもわかりませんでしたので、
ただただあのTさんではありませんようにと祈るしかありませんでした。


日本に帰国後、新聞で知った事故の詳細。
Tさんは、ジャンボのフィックスクルーとして3カ月間一緒にフライトした
あの先輩スチュワーデス。
アムステルダムやハンブルグで一緒に遊んだ先輩。ひょうきんで楽しくやさしい先輩。

Tさんは一人っ子。しかもTさんの乗務した便が、日本に到着するはずだった日は、
Tさんのお誕生日でした。
マザーユウキのアルバムに残るTさんの笑顔。
若くしてあの世へ行ってしまったTさん。


飛行機事故は何故か続くのです。

漠然とした覚悟が、現実のものとして、マザーユウキに迫ってきた出来事でした。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。