コンテントヘッダー

スッチーだった頃 15

15.スタンバイとDH

クルーが出入りするオペレーションセンターには、クルー一人一人に、
メールボックスが用意されています。
そのメールボックスに、毎月月末、翌月のフライトスケジュールが入れられます。
日付が書いてある細長いスリップに、便名が書かれているもので、例えば、
3日~12日のところに  ― F431 CPH ― と書かれていると、
431便コペンハーゲン往復乗務ということ。具体的には 
TYO(東京)-ANC(アンカレッジ)-CPH(コペンハーゲン)-ANC -
TYO というルートです。

フライトから帰ってくると2~5日休みがあります。
長い便に乗務すれば、長い休みになりますし、短い便だと
2日ほどでまた乗務することもあります。
さらに、フライトスケジュールには、便名とH(ホリデー)以外に、
Sの文字が結構あります。
これはスタンバイということ。

フライトには乗務する人数が決まっていますから、誰かが欠勤すると
すぐ変わりのクルーを手配しなければなりません。
人間ですから病気もしますし、怪我もします。
家族や親戚の不幸なんてこともあるわけです。
それで、誰かが欠勤して、いつ呼び出しがかかってもフライトできるように、
スタンバって(待機して)おくわけです。
今のように携帯電話なんてありませんから、自宅に缶詰です。

スタンバイで呼び出される時は、どこへ行くか直前にしか分かりませんから、
私服は冬服も夏服も全部すぐに出せるようにしておきます。
呼び出しで長いフライトが入った時は、当初のスケジュールが
変わってしまうこともあります。
楽しみにしていた便が別の便に変更になってしまうこともありますが、
それはそれで、新たな楽しみにもなります。

それと、たまにスケジュールに DH と書いてあることがあります。
これ何の略だと思います?
実は Dead Head と言って、仕事をしないで飛行機に乗って移動することなんです。
便の関係でクルーが余ることがあったり、海外で欠員が出て、
東京から代替要員として現地に向かう時など、お客様と一緒に客席に座って行きます。
私服で行きますから、お客様にはわかりません、
と言っても雰囲気でクルーとバレバレなんですけど。

それにしても、Dead Head ってねえ。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

挨拶

fc2のランキングから失礼させていただいております。
大変興味深いお話で、まだ全部読んでいませんが、近いうちに読ませていただきます。
Dead Head=死んだ頭、ですか!?
そう考えるとウウム・・・ですが、
調べてみたら「席」って意味なんですね。
なんでheadが席なんだ、とも思いますが(笑)。
言語の壁は厚いな・・・

No title

まだ、このブログのシステムよくわかっていないのですが、ランキングで見つけていただいたとか、ご訪問ありがとうございます。
業界用語って独特なものがあって面白いですよね。それぞれ言われがあるのでしょうが。
プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR