コンテントヘッダー

スッチーだった頃 14

14.食べて、買って

ステイ先では、ベテランも食事は大抵一緒に出かけました。
一人で食べるのはつまらないですものね。
ベテランクルーは観光客が行かないような、隠れた名店を結構知っています。

オーストラリアのレストランではたまげました。
だってベテランクルー達、生牡蠣を1ダースとか2ダースって注文するんですもの。
大きなお皿に盛られて出てきた牡蠣を見て納得。殻毎出てくるのです。
新鮮な牡蠣をケチャップソースで食べるのはとてもおいしかった~。

クラムチャウダーやオニオングラタンスープは日本のけんちん汁や豚汁のように
具たくさんのスープ。
フレンチトーストを初めて食べ、コーヒー(アメリカンコーヒー)は
何杯もお代りできるって知ったのはアンカレッジのホテル。

ステーキなんて日本では超がつく贅沢品だったのに、アメリカではとてもお手軽。
しかもぞうりみたいに大きいのがドカッと。
照り焼きステーキとガーリックトーストにはまったのは、ハワイのステーキハウス。
大通りからはずれた、狭い路地を入った所に、クルーがよく行く
小さな照り焼きステーキの店がありました。
色とりどりの何十種類ものアイスクリームや、ピンクのグアバジュースなるものも、
まだ日本にはなかったなあ。

ハワイではハニーデューメロンというスイカみたいな大きなメロンや
グレープフルーツを、行く度に箱で注文して日本に送ってもらっていました。
マカデミアンナッツチョコもフライトの度に買っていましたっけ。

ヨーロッパでは、いわゆるディニッシュペイストリー、クロワッサンをはじめ
甘い菓子パンが朝食についてきました。
「こんなの食べてたら太っちゃうよ~」
と思いながらも誘惑に負けていたマザーユウキです。

ロイヤルコペンの陶器やヘンケルのナイフ・フォークのセット、オロトンのバッグ、
エルメスのスカーフ、香水や化粧品。アメリカ製のふかふかタオルや
きれいな柄のシーツ、オーストラリアの羊毛の毛布、
オランダの木靴やメキシコのソンブレロなんておみやげ品も。

20代の子娘がなんとも贅沢です、ホントに。
でもね、マザーユウキはその後苦労もしていますから、
人生ちゃんとチャラになるようになってます。
まあ、苦労話はまた別の機会に。


succhi4.jpg
一番太っていた頃で、ちょっと恥ずかしいけど好きな写真なので思い切って。アムステルダムのヨーグルトのお店の前で遊んでいた男の子。あんまり可愛いので一緒にパチリ。しっかりポーズを取ってくれました。後ろで笑っているのは先輩のTさん。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR