コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

西洋医学と東洋医学

58b2802d1c30b5275776caa6c8a3deeb_s.jpg



小林麻央さんの癌闘病、そして悲しい結末に、涙した人も多かったようですね。




私の父も、癌で亡くなりました。もっとも十分長生きしましたが。



87歳で胃がんが見つかった時は、末期ですぐ入院と言われ、1か月後に亡くなりました。



でも、入院するまで父は、認知症の母を看ながら、「あまり食べられないんや」と言いながらも普通に生活をしていました。



癌の末期と言われて、本人が一番驚いたかもしれません。



それほど、自覚症状がなかったのです。



私自身、あのまま入院せずに生活していた方が、もっと元気に長生きできたのではないかと、考えることがあります。




だからと言って、抗がん剤や手術を否定するわけではありません。


父の場合は、年齢的なことや、癌の進行状態から、手術は無理だろうとのことで、抗がん剤治療になったのですが、もし、手術が可能な状態なら、手術に踏み切ったと思います。




西洋医学は部分的な症状に得意な医学です。



そして、西洋医学の最たる恩恵が手術ではないでしょうか。




実際私も、人工股関節の置換術をしています。



左股関節の軟骨がすり減って、普通に歩くことが困難になった時、私は迷うことなく、手術を選びました。



壊れてしまった部品は取り換えるしか手がないからです。






癌もしかり。



ある部分ががん細胞に変異してしまったなら、そしてそれが確実ならば、その部分を切り取ってしまうのが、一番安心な方法です。



できるだけ早く、転移する隙を与えないうちに切り取ってもらうこと。



たとえそれが乳房であっても子宮であっても。



だって、命の方が大切でしょう?



せっかく、西洋医学の優れた医術があるのですから。





でも一方、私は身体全体をトータルでみるという東洋医学の考え方も好きですし、恩恵も受けています。



若い頃から生理痛がとてもきつかった私は、指圧や針のお世話になりましたし、今も肩や首が凝ると指圧マッサージに行きます。



東洋医学では、部分的な病変を手術のように短期間で直すというのは無理ですし、何にしても即効性は期待できませんが、副作用もありませんから安心です。




西洋医学だと、胃腸科は胃腸の病気を治すことに特化しますから、その副作用として別の臓器に影響があるとしても、極端に言えば知ったこっちゃないのです。



胃腸が治れば治療は成功したと言えるのですから。



ですから、患者の立場になったなら、西洋医学の得意分野と東洋医学の得意分野をよく知り、その両方をうまく取り入れていくというのが、一番いい方法ではないかと思います。



海老蔵さんが麻央さんのために取り入れたという酵素ぶろや針治療なども、病変部分を切り取った後なら、回復の大きな手助けになったかもしれません。





西洋医学と東洋医学のどちらかが絶対的に優れているということはありませんし、どちらにも得意不得意があります。



教育同様、医療も、西洋と東洋のいいところを取り入れて、バランスの良い治療をするのが、理想かなと思ったりしています。

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。