コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スッチーだった頃 9

9.初フライト

OJTでも合格点をもらって、いよいよ一人前のスチュワーデスとして
国際線を飛ぶことになりました。
初フライトは、北周りヨーロッパ線。私のフライトはコペンハーゲンまででしたが、
飛行機の最終目的地はハンブルグ。
当時、北周りでヨーロッパに向かう便はDC8(ダグラス社)という
細長いきれいな形の飛行機が主流でした。

飛行機としてはスマートでカッコ良くて、私もとても好きな機種でした。
ただ、通路は狭く、すれ違うのがたいへん。その後導入されたジャンボ機に乗ると、
DC8がとても狭く感じてしまいました。

DC8に乗務するクルーは、パーサー、アシスタントパーサー、そして、
スチュワーデスが2名、それに機長らパイロット3人のこじんまりしたチーム。

北周りでは、まずアンカレッジに寄港します。
お客様はそのままそれぞれの目的地まで行かれますが、クルーは乗務時間が
8時間を超えるので、アンカレッジで交代します。
アンカレッジに2泊して次の便を待ちます。
当時はまだ便数が少なかったので、フライトにも余裕がありましたねえ。

実は初フライトで、マザーユウキは失敗をやらかしました。
なんと外国人のお客様のズボンにコーヒーをこぼしてしまったのです。
平謝りのマザーユウキに、その方は「大丈夫。大丈夫」
とやさしく言ってくださいました。
そういう場合、クリーニング代をお支払いするのですが、私がお支払いすると言っても、
パーサーに報告してパーサーから申し出てもらっても、受け取って下さらず。
でも、何よりもホットコーヒーだったからきっと熱かっただろうなぁ。

ホットコーヒーと言えば、フライト中怖いのはタービュランスと言って、
飛行機が急降下すること。
たいていは、シートベルトサインが点きますし、大きく揺れることが予想される場合は、
機長から食事サービスストップの連絡も入るのですが、予想できない場合もあるのです。

食事サービス中にそんなタービュランスが起こるとたいへん。
もし、熱い飲み物を持っていたら、お客様にかからないように
すぐ床に流すことになっていました。
タービュランスで腰の骨を折るという大けがをしたスチュワーデスもいましたし、
マザーユーキも尻もちをついたことがあります。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。