コンテントヘッダー

私が子ども達の自由遊びを大切にしている理由 その4

170523-5.jpg



私のスクールでは、朝来校後に室内でのプレイタイム。



そして、一日の終わり、お迎えの前に外遊びを入れています。



外遊び(これも子ども達が自由に遊びます)をしながら、お迎えを待ちます。




このスケジュールは、サンドイッチの逆バージョン。



サンドイッチって、中においしい具が入っていますよね。



その逆なので、子ども達にとってのおいしい具、すなわちお遊びで、お勉強を挟んでいるというわけです。




朝十分に遊ばせますから、その後のレッスンタイムが集中できるんです。



もっともレッスンタイムと言っても、ゲームを取り入れた楽しいものなのですが、一応レッスンとしてけじめをつけさせますから、自由には振る舞えません。




基本的には、1時間半ほどの英語レッスンタイム、30分ほどの日本語タイムを済ませたら、ランチです。




ずっと、英語で過ごすことになっていますから、まあずっと英語のレッスンにはなっているんですけど、気持ちの上でけじめをつけさせるために、レッスンタイムとかランチタイムとか区切っているわけです。





あくまでも自由遊びが大切で、大人が指示して遊ばせるのは、例えば「みんなでこうして遊びましょう」としてしまうと、子どもの自主性は育ちません。




それに、一番大切な、子どもの個性を知ることができなくなります。




一人で黙々と遊ぶのが好きか、みんなでワイワイ遊ぶのが好きか



リーダータイプなのか、フォロワータイプなのか



自分の意見を言えるのか、遠慮してしまうのか



きつく言われても平気か、傷つきやすいか



自分の思い通りにしたい気持ちが強いか、気にしないか



負けん気が強いか こだわらないか



周りが見えてよく気がつく方か、集中して周りが見えなくなる方か



他の子の行動やおもちゃを気にする方か、気にしない方か



自分のより小さい子に関心があるか、ないか



自分より大きい子に関心があるか、ないか



怖いもの知らずか、こわがりか



慎重化か大胆か



などなど




観察したいポイントはいっぱいです。どちらがいいとか悪いとかではありません。




そうして、それぞれの個性がわかったら、その子に合った接し方をしていくわけです。



叱り方も変えねばなりません。



強く叱っても平気、または、その方が効果がある子もいれば、強く叱るとへこんでしまうとか、後を引く子もいるわけです。




その上で、その子にとって、社会に出た時に困るかもしれないと思うポイントを、重点的に指導していきます。




短所は長所にもなりますし、長所は短所にもなりますから、型にはめようとは思いません。



一人一人違っているから、世の中うまくいくわけですから。



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR