コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

私が子ども達の自由遊びを大切にしている理由 その3



playtime1.jpg


自由遊びで、発想力、思考力、コミュニケーション能力、問題解決能力などが身に付くと書きました。



昨日書いた中で、特に取り上げたいのが、子どもの喧嘩です。



子ども達が集まると、必ずおもちゃの取り合いや、「叩いた!」「叩いてない!」などの喧嘩が始まります。





私は、喧嘩も、口で言い合っている間は止めません。



長引く時は、解決のヒントを与えることはありますが、基本的には自分達で解決させます。



大抵は、二人でいい解決策を見つけたり、仲裁に入る子がいたりして、子ども達自身で解決しています。







子どもは正直ですから、喧嘩では、お互い思ったことをストレートに言います。



”I don't like you!" 「○○なんか嫌い!」



”I don't want to play with you!" 「もう一緒に遊ばない!」



”Go away!" 「あっちへ行って!」



などの言葉が行きかいます。





そのことで、言われた方の子どもは、どんなことを言われると傷つくのかがわかります。



言われて嫌な気分になる言葉、言われて悲しい気分になる言葉などがわかっていくのです。





また、言った方は、どんなことを言えば相手が怒ったり悲しんだりするのかがわかります。



相手を傷つける言葉があることに気付くのです。





さらに、同じことを言っても平気な子もいれば、泣き出す子もいる。



同じことを言ったのに、相手の反応が時と場合によって違う。



同じ言葉でも、言い方を変えれば、相手が怒らないし悲しまない。



など、人間関係の複雑さや難しさや面白さも、学んでいるのです。





そして、言ったり言われたりする経験の中で、怒りや悲しみといった自分の感情をコントロールする力がついていくのです。



この繰り返しが、子どもの精神力を強くするのです。



さらにうまくいけば、凍り付いた場を和ませる術まで身に付けていきます。





子ども達が、小学校、中学校と進み、さらに社会に出た時、ちょっとやそっとのことでは、へこたれない精神力を身に付けさせておきたい。



幼児期はそのための訓練期間であり、自由遊びはそのための絶好の訓練だと思っています。







<KIDSNA(キズナ)の記事> 新しいサイトなので、PVに貢献したいです。お読みいただけると嬉しいです。



幼児期ならまだ大丈夫!英語教育の専門家が考える「子どもが英会話を始める最適な時期」とは



『英語を学ぶのは早ければ早いほどいい。遅くなるほど不利になるその理由は?』



『なぜ、英語力だけではダメなのか。世界に通用する子を育てるためには』




スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。