コンテントヘッダー

私が子ども達の自由遊びを大切にしている理由 その1

fba5624d0de5c7d822c6343da77bdfe5_s.jpg


私のスクールでは、朝登園後に、室内でのプレイタイムを設けています。



英語の幼稚園型スクールですから、プレイタイムも子ども達は英語で話し、縦割り保育なので、3歳から6歳までが一緒に過ごします。



プレイタイムに、私から遊びを指示することはありません。



子ども達はたくさんのおもちゃの中から、自分が興味を持つものを出してきて遊びます。



それぞれがおもちゃを選びますので、プレイルームの床一面におもちゃが散らかることが多いです。





家でなら、なかなかお母さんに許してもらえない遊び方かもしれませんね。



普通は、「一つ出したら、一つ片付けなさい!」って言いますよね。



大人(おもちゃメーカー)が決めた遊び方で、散らかさずにワンパターンで遊んでくれる方が、ちゃんと遊んでる?って安心かもしれません。





でも、私の考え方はちょっと違います。



床に散らかったそれぞれ違うおもちゃを組み合わせて、子ども達は実にユニークに遊びます。



プラスチックのフルーツを入れていた大きなバスケットは、ひっくり返してテーブルやいすに変身させています。時には小さなバスケットが帽子や太鼓になります。



アルファベットブロックは、お城やビルになることもありますが、誰かが料理人になれば、お節料理のように、おもちゃの重箱の中にきれいに並べられています。



木製の動物は、たまに動物園に置いてもらえますが、ほとんどはにオーブンの中で、動物クッキーとして焼かれて、私も時々お相伴に預ります。



プラスティックのニューブロックで作った電車や飛行機の中に、ドールハウス用の人形が運転手やパイロットとして乗っています。



それらは、色々なおもちゃが目に入るから生まれてくる発想なんですね。



バスケットはバスケットとして、ドールハウスの人形はドールハウスで使うもの、なんて大人は固定観念で考えてしまいますが、子どもには、まだそんな固定観念がないんです。



だから、目に入れば、そばにあれば、自由な発想で使えるんです。







そんな自由な発想力は、幼児期にしか育たないと思うのです。



まだ、固定観念がないことと、小学校に行けば、自由に遊ばせてもらえるチャンスは、ほぼなくなりますから。



子ども達が、おもちゃをユニークに使っていると、私は嬉しくなります。



人と違う使い方をしていたら、”Good idea!" と感心したりもします。







その代り、お片付けはしっかりさせます。



おもちゃをそれぞれ元の場所にしまうことはもちろん、ゴミも拾わせます。



いろいろごちゃまぜになったおもちゃを、それぞれ正しい場所にしまうことは、実はパズルのように脳の訓練になりますし、記憶力を鍛えることもできるのです。



実際、子ども達は、どのおもちゃがどこに片付けられるべきか、しっかり覚えていくからです。







「これどこだっけ?」と考えて 



「アッあそこだ!」と気づいて



「間違いない!」と確認して



「片付いた!」と達成感を味わう





毎日のことです。





自由遊びをさせる理由とメリットがいっぱいあり過ぎて、一度に書ききれないので、シリーズで書きますね。



<KIDSNA(キズナ)の記事> 新しいサイトなので、PVに貢献したいです。お読みいただけると嬉しいです。

幼児期ならまだ大丈夫!英語教育の専門家が考える「子どもが英会話を始める最適な時期」とは

『英語を学ぶのは早ければ早いほどいい。遅くなるほど不利になるその理由は?』

『なぜ、英語力だけではダメなのか。世界に通用する子を育てるためには』

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR