コンテントヘッダー

girl.jpg





4歳で年中の女の子Rちゃん。


やさしくておっとりした性格で、スクールではわがままを言うことはありません。





そのRちゃんが、送迎のパパの車が見えたのに、一向に入ってきません。



たまたま入り口で出会ったHちゃんと、門からは入ってきたのですが、玄関に入ろうとしないのです。



「ひや~、珍しいこともあるねえ」



「入るのを嫌がるなんて、Rちゃん、どうしたのかな?」




パパから事情を聞いたHちゃんのママによると、なんと、着ている洋服が気にいらないのだとか。



イクメンのパパが選んだのかな?





柄物のワンピースに半ズボンをはいていたのだけど、どうもそのズボンが気に入らなかったようなのです。



それで、「こんな服で行きたくない!」って駄々をこねてたのです。




「な~んだ、バッチリコーディネイト決まってるのになあ」



4歳でももう服装気にするんだね。やっぱり女の子です。





なんとか中に入れたけど、ずっと玄関で泣いていたRちゃん。それで、



「そんなに気に入らないなら、スクールの中では脱いでもいいよ。でも、外に出る時は履いてね」



「それから、下着が見えるのはカッコ悪いから、見えないように上手に座ってね。ワンピースなんだから」 (私のスクールは英語がメインなので、床に座る時は欧米式に胡坐で座ります)



と言いました。




泣きながら、そろりそろりとズボンを脱いだRちゃん。


すると、そのズボンを見て、周りの女の子達が、


「かわいいズボン!」


「リボンがついてる!」


「私、このズボン好き!」


と言ったのです。





その後Rちゃんはどうしたでしょう?


ウフフ、またそろりそろりとズボンを履き始めたのです。


「履きなさい!」と言われると履きたくなくなるけど、「履かなくてもいい」と言われると履きたくなるのよね。


それに、子ども達の強力なバックアップがあったというわけ。


もうズボンを気にすることもなく、ご機嫌で一日過ごしましたよ。





最近は、ワンピースでも、下にズボンやスパッツなどを履かせますね。


変質者から守る意味でも、これからの季節、虫刺されを防ぐためにも、ワンピースやスカートの時は、履かせた方がいいと思います。


洋服にこだわりが出てきたら、前の晩に、自分で”明日着る洋服”を選ばせておくといいですよ。



制服のある幼稚園だとそんな心配はないですね。


でも、欧米のインターナショナルスクールでは、制服はないのです。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR