コンテントヘッダー

HnkLW1sZa42fNdnTw1z2sRW1fq2cs9GUjBU1F7xY7k2KFi0CglpImtiBOrxgcZXN.jpg


KIDSNAに、英語関連の記事をシリーズで書いていますが、今日第3回の記事が掲載されましたのでご紹介します。



今回の記事は、子どもの英語教育はいつから始めればいいのかということ。

教育というより、英語環境を始める時期ということです。



最近の言語習得に関する研究を紹介して記事を書いていますが、実は最近の研究で言われていることは、すでに以前から言われていることなのです。



私がJALの後務めた外資系の英会話教室は、百科事典で有名なブリタニカが始めた、外国人講師による子ども英会話教室でした。



そこのマネージャーとして仕事をしたのですが、当時からセールスの人は、「英語教育は早いほど良い」と説明。その頃は、ソニー創始者の井深大さんの著書『幼稚園からでは遅すぎる』がよく引用されていました。



また、今回の記事で紹介している、言語習得研究者パトリシア・クールさんの言葉「赤ちゃんは語学の天才」というのも、当時のプレゼンテーションで使っていましたよ。



30年前に、「もう30年も前から言われている」と説明していましたから、英語教育は早いほどいいということは、60年くらい前から言われているというわけです。



社会の流れが変わるには、長い年月が必要ということですね。



私が、引退する頃には、学校の教育で子ども達が英語が話せるようになっているかもと、期待していたのですが、まだまだ無理だよねえ…



で、できればご家庭でできるだけ、英語環境を作ってあげてほしいわ。



やっぱり赤ちゃんの時から英語を聞いている子は、英語を聞き取る能力が高く、習得が早いです。

別に習いに行ったりしなくてもいいんです。家で英語を聞かせるだけでいいんです。




次回の記事では、英語環境の作り方を書く予定です。



幼児期ならまだ大丈夫!英語教育の専門家が考える「子どもが英会話を始める最適な時期」とは
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR