コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

上村遼太君の勇気を称えたい

今日は、先日殺された13歳の少年上村遼太君の事件について、思うところを書いてみたいと思います。
遼太君の、殺されても悪に屈しなかった勇気。
一方、たった1人を集団で取り囲んで暴力をふるった卑劣な若者たち。
何がこんな差を生むのでしょうか?
家庭や学校でのしつけや教育の大切さを改めて感じています。



上村遼太君の勇気を称えたい

誰にも助けを求められずに、13歳の少年は、自分一人で戦っていた。
なぜ、助けを求めなかったのかと人は思うだろう。
けれど、彼らの脅しが、例えばこんなものならどうだろう?
「もし、人に言ったら、お前の妹やおふくろがどうなるか」
「自分が傷つけられるのはいい、でも、家族には手を出すな」きっとそう思うだろう。


防犯カメラに映る若い男の集団。
何十分後かにどこかから戻ってきたとみられるその集団は、人数が1人減っていた。
その1人が殺された上村遼太君である可能性が高いという。
時間を巻き戻すことができたら、なんとかしてあげられたのではないか、そう思う痛ましい事件で胸が痛む。

遼太君は、以前も万引きを強要されたが、断ったために暴力を振るわれていたようだ。
目の周りにあざができていたという。
学校へ行くなと脅されていたとも言われている。

彼は、万引きなどの罪を犯すことを断固拒否したのだろう。
自分達の言うことを聞かない遼太君を、まるでテロリストのように、リンチした集団。
自分より若い子1人を、集団で取り囲んで暴力をふるうという卑劣さ。
同じ若者でありながら、なんという「人としてのレベル」の差だろう。

「いい先輩だと思ったのに・・・」
彼が言ったとされる言葉に、彼の絶望感が漂っている。
底なし沼に足を取られたように、彼は抜け出すことができなかったのだろう。
13歳の少年の恐怖と絶望感が痛いほど伝わってくる。

私は、上村遼太君の、脅しに屈せず断固信念を貫いた勇気を称えたいと思う。
「人は何のために生きるのか?」
「人は生まれ変わりながら、魂の成長を目指している」
上村遼太君は、今度はきっと、みんなから慕われ尊敬される素晴らしいリーダーになるべく生まれてくるだろう。


心の準備もないまま、突然理不尽に家族を奪われたご家族の悲しみに、かける言葉は見つからない。

できることは、集団で弱い者いじめをするような子を一人でも減らせるように、家庭や学校での教育の在り方を、一人一人が考えていくことではないだろうか。
遼太君の犠牲が無駄にならないことを祈りたい。



『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)


『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』


アメーバブログ
『英語が苦手な親でも大丈夫! お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』

ヤフーブログ
『日本と欧米いいとこ取り ママとキッズの心がときめくしつけのコツ』


東洋経済オンラインにも記事が掲載されています。
『本の読み聞かせが将来子を大成させるわけ』
『わが子をKY人間にする親のタイプ3つ』
『将来「お金に困らない子』はこう育てる!』
『危険!「毒親予備軍」に見られる2つの兆候』


『IT Mama 平川裕貴の記事』


読んで身に付く英語勉強法マガジン ”Cheer up English"
『簡単! 英語育児から学ぶ日米流子育て術』

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。