コンテントヘッダー

生命力

老人ホームに入っていた母は、誤嚥性肺炎で救急搬送されること2回。

今は2回目の病院に入院中です。


肺炎は治ったようですが、もともと痩せていた母、今はおそらく体重25kg位しかないでしょう。

昔の人にしては背の高い方で160cm近くありましたから、それで体重25kgと言うのは、生きていられるギリギリではないかと思います。

昨年暮れには、お医者さんから、「なんとかお正月3が日は乗り切れるようにできればと思っています」と言われていました。

お正月休みに行った沖縄旅行中も、ハラハラ。

新学期が始まってハラハラ。

普段はほとんど部屋に置きっぱなしの携帯も、今は常に持ち歩いている状態。


今日また病院へ行ってきました。

実はもう痩せすぎて点滴の針を入れることができません。

かと言って、もはや流動食を取れるだけの力もないので、もう10日以上、飲まず食わずの絶食状態です。


心臓が悪くてずっと心臓の薬を飲んでいた母。

今はその薬も飲んでいないのに、心臓はしっかり動いています。???

自分で呼吸できているので、酸素吸入もしていません。


年齢 87歳   身長160cm   体重25kg

血圧100-70

だんだんミイラ化して即身仏になったお坊さんのような姿になってきています。


常々、「早く亡くなった母や姉の分まで頑張って生きるんだ」と言っていた母ですが、

その生命力に、わが母ながら感心しています。





『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)


『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』


アメーバブログ
『英語が苦手な親でも大丈夫! お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』

ヤフーブログ
『日本と欧米いいとこ取り ママとキッズの心がときめくしつけのコツ』


東洋経済オンラインにも記事が掲載されました。
『将来「お金に困らない子』はこう育てる!』
『危険!「毒親予備軍」に見られる2つの兆候』


『IT Mama 平川裕貴の記事』


読んで身に付く英語勉強法マガジン ”Cheer up English"
『簡単! 英語育児から学ぶ日米流子育て術』
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR