コンテントヘッダー

運動会の記事後編アップされました

私が取材を受けた、運動会に関する記事の後編がアップされています。
運動会当日、運動会の前にかける言葉と、運動会の後にかける言葉の2回に分かれていました。

よく考えると、(そんなに考えなくても) 運動会が終わった後にかける言葉だって、運動会当日のことなんですよね。
だから、記事は割とすぐにアップされました。


運動会では、思わぬアクシデントもあるし、自分のせいでチームが負けてしまったりしたらショックですよね。

私も小学生の頃、運動会ではなく水泳大会で、私のせいで負けてしまったことがあります。

他の運動は結構得意だったので、チームに選ばれてしまったのだけど、私その前の年にツベルクリンで引っかかって、1年間全然泳いでいなかったんです。

勢いよく飛び込んだものの、ちっとも前に進まなくて・・・
恥ずかしかったなあ。

そんなこと、ふと思い出しました。


深く心を傷つける!運動会帰りに「言っちゃダメ」なNGフレーズ



『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』
応援ありがとうございます。

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

取材を受けた記事がアップされました

前回お話した取材を受けた記事が今日アップされました。

私が取材を受けたのは、WooRis という小学館が運営している女性向けのサイトです。記事は、

「がんばれ」は逆効果!? 運動会の朝に親が言っちゃダメなフレーズ5種

運動会の前に、言ってはいけないNGフレーズと、かけてあげたいフレーズが紹介されています。
良かったらのぞいてみてくださいね。


今日サタデースクールに来たうちの生徒達も、来週運動会だという子が4人ほどいました。
来週あたりから10月初めくらいまでが運動会シーズンでしょうか。
去年は9月も暑くて、運動会の練習で熱中症が心配されましたけど、今年は涼しいので、練習は楽かもしれませんね。


あと、運動会の後にかけてあげるといいフレーズについても、記事を書いてもらってます。
運動会で失敗したり、負けたりしてへこんでる子とかいますよね。
それは、たぶん、10月くらいにアップされるのかな?


うちの運動会は11月27日です。
その前にハロウィーンパーティやお芋ほりなど、そのあと親子遠足と、秋はイベント目白押しです。


『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』
応援ありがとうございます。


コンテントヘッダー

秋の気配です

しばらく間があいてしまいました。
前回のちょっとキレちゃった事件のせいではありません。


IT Mama は読者の対象を0歳から3歳くらいの子を持つママにしたようで、そういうママ対象の記事を取り上げていくようです。記事の掲載のペースもすごく落ちました。
私も二つほど記事を送っているのですが、対象年齢が高いせいか、今のところ取り上げられる気配がありません。


まあ、その代りというか、別の媒体から取材依頼がありました。
その媒体の編集者さんは、IT Mama の私の記事を読んでくださっていたそうです。
運動会の時の子どもへの言葉がけがテーマですが、とても上手にまとめておられました。
まだ記事は掲載されていませんので、アップされたらまたお知らせしますね。



で、間が空いた理由ですが、2冊目の原稿を書いていたからなんです。
どんどん出てくるときに書いてしまわないと、忘れてしまうんです、私。
すごくいい文章を思いついて、「これ書こう!」と思ったのに、部屋に戻って原稿に向かうと「なんだっけ?」なんてことが最近頻繁。トホホ
なので、気分がノっている時は、できるだけ原稿に向かって書き上げるようにしています。


出版社からは、来年の春から夏を目途にと言われていたのですが、90%くらい書き上げましたので、このペースだと冬にでも出せそうですねなんて言われています。
書くのが早いって驚いておられたけど、今回のテーマも頭の中に入っているものを引っ張り出してくるだけなので、それほど時間はかからないんです。


とりあえず思いつくままどんどん書いていったので、あとは、じっくり見直して修正していきます。
今回は、出版社の編集者さんがいろいろアドバイスをくれるので、嬉しいです。
自分では気が付かないことって多いんですよね。
写真やイラストも入れたいとのことなので、面白い本になりそうです。


何より嬉しいのは、今度は書店に並ぶということ!
たくさん本を出している出版社で、この出版社の本はコンビニでも売られているらしいですが、私の本はちょっと毛色が違うみたいなので、どんな扱いになるか・・・


2学期は、スクールの方も行事が目白押し、おまけに来年度の生徒募集もあって、結構忙しいです。
だからまた間が空いてしまうかもしれませんが、時々のぞきに来てくださいね。



『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』
応援ありがとうございます。
お陰様で、アマゾンPODベストセラーランキングで、まだなんとか15位以内にしがみついてしております。

コンテントヘッダー

新学期が始まりました

夏休みも終わり、今日から新学期。
あいにくのお天気でしたが、1カ月ぶりに会う子達、さぞやテンション高くなるだろうと覚悟していたけれど、みんながとても落ち着いていて大感激の一日でした。

「いやあ、みんな成長してるわ~~~」


私のスクールは縦割りで、3歳から6歳まで一緒に過ごします。
レッスンは状況によって、年齢やレベルで分けたり、ミックスで分けたり、全員一緒にしたりいろいろ。

小さい子は混乱するので、決まったルーティンで動かすのがいい、と言うのが日本の保育の考え方だけれど、私のスクールは、そんな考え方からはかなり離れています。
その日、その時の子どもの状況を見て、突然変えたりもしますから。

でも、うちの子達、全然混乱してません。
むしろ、どんな状況にもフレキシブルに対応できるし、一つのやり方にこだわらず臨機応変に動ける。
そのうえで、ほかの子に対しても、しっかり関心を持てるだけの余裕もある。


こういうことってある程度訓練だと思う。
もともと日本人は生真面目だから、生真面目過ぎる教育をしたら、本当に融通のきかない人間になってしまうかも。
まあ、それはそれで、一つの個性だけれど、こんな時代だから、何事にも動じないたくましさがないと、生きにくいだろうと思うのです。


地震や集中豪雨のニュース。
いじめによる自殺のニュース。
事故や事件のニュース。

そんなニュースを聞くたびに

う~ん、何があってもやっぱりたくましく生きてほしいもの。



『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』
応援ありがとうございます。
お陰様で、アマゾンPODベストセラーランキングで、15位以内にしがみついてしております。


プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR