コンテントヘッダー

やっぱり・・・

大阪の地下鉄の、携帯電話に関するアナウンスの記事を書いたばかりだけど、今日こんなニュースを見ました。
やっぱり・・・ですね。


「歩いたり自転車に乗ったりしながら携帯電話やスマートフォンを操作して事故に遭い、救急車で搬送された人は、昨年1年間に東京都内で36人に上り、過去4年間で最多だったことが東京消防庁の調べで分かった。2010年(23人)の約1.5倍で、スマホ普及に伴い年々増加している。
 同庁は歩きスマホや携帯について、「自分自身がけがをするだけでなく、周囲の人を事故に巻き込む恐れもあり、大変危険」と注意を呼び掛けている。
 昨年の事故原因で最も多いのは、操作中や画面を見ているときで、26人。次いで通話中が5人だった。
 10~13年の4年間に歩き携帯やスマホなどで事故に遭った人は計122人で、年代別では40代、20代の順。事故の形態は「ぶつかる」が約4割を占め、「ころぶ」「落ちる」が続いた。搬送直後のけがの程度は8割が軽傷だったが、入院や死亡に至ったケースもあった。
 13年10月、東京都板橋区で、歩きながら携帯電話を見ていた男性(47)がそのまま踏切内に進入し、電車にはねられ死亡した。同年5月にはJR四ツ谷駅(新宿区)のホームで、携帯電話を操作しながら歩いていた小学5年の男児(10)が線路に転落し、重傷を負った。同庁によると、道路・交通施設でのけがが8割以上で、中でも駅での事故が目立つ。」

一番多いのが40代ってちょっと意外でした。
携帯電話を見ながら踏切内に入ってしまって、しかも、電車にはねられるなんて本当に信じられません。

地下鉄のアナウンス、笑い事じゃないのかも。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

携帯電話を見ながら歩くのは危険です

今日大阪の地下鉄で、こんな放送を聞いて思わず笑っちゃいました。
「携帯電話を見ながらの歩行は、他の人とぶつかったりして危険ですのでお止め下さい」

もともと欧米諸国に比べて、日本の構内アナウンスは超がつくほど親切丁寧。
でもこれ、幼稚園児や小学生相手ではなく、大の大人に向けてのアナウンスなのです。

こんな当たり前のことをわざわざアナウンスしなければならないのは、たぶん、ぶつかったことでの喧嘩や事件や事故が起こっているのでしょうね。

道でなら、溝に落っこちないか、人とぶつからないか、車が来て当てられないか、
人混みでなら、人とぶつかって怒鳴られないか、駅のホームでならぶつかって転落しないか、私なら怖くてよそ見はできないなあ。

道を歩く時には、しっかり前を見て歩かなくちゃ。
『グローバル社会に生きる子どものためのしつけと習慣』には、みんなが当たり前だと思うことをいっぱい書いています。
なぜって、当たり前のことなのに、できていない人が多いんだもの。

コンテントヘッダー

表紙の写真

今回出版した本の表紙に使った写真は、2、3年前に公園に行った時、
みんなの後ろ姿が可愛いなと思って思わずシャッターを切った写真です。

5人写っていますが、みんながカラフルな色で、個性的な服装です。
申し合わせたようにほぼ等間隔で歩いていますが、まったく偶然なのです。

子ども達が、未来に向かって歩いている。
それぞれが、違う未来に向かって歩いている。
子ども達が向かう先には、明るい未来が待っている。
一人一人が自分の個性を大切にして、たくましく生きてほしい。
この写真を見ると、そんな思いになります。


実は、表紙の候補として考えた写真が他に3点ほどありました。
いずれも後ろ姿なのですが、その写真も本の中に挿入しています。
子どもの後ろ姿は、ちょっぴり哀愁もあって、とても可愛いです。



昔なにわの女経営者として、本に紹介されたことはあるのですが、
自分の本を出すのは初めてで、長年の夢でした。
しばらく本の話題ばかりになるかもしれませんがごめんなさい。

この本が一人でも多くの人に読んでいただけますようにと祈っている私です。
ご購入はこちらから

コンテントヘッダー

アマゾンベストセラーランキング

アマゾンの出版物のページに、アマゾンベストセラー商品ランキングというのがあるのに気付きました。
さっき見た私の本の順位は、15,311位

これっていいのか悪いのか分からないなあと思って、無作為にいろいろな本の順位を見てみると、50万位代とか30万位代とか、20万位代とか・・・
ひえー、一体何十万冊分の順位なんだろうとビックリ。

私の本の発売日は3月22日になっています。
発売日は自分で自由に決めていいと言われて、単純に誕生日にしたのですが、
実際発売になったのは、4月11日。まだ4日しか経っていません。
それで、15,311位って、結構すごいかも。

あとは、「役に立った!」って思ってもらえることを祈ってます。

購入はこちらから


PS.教室のHPですが、サーバーからセキュリティ強化のために一部設定し直すようにとの指示があって、マニュアル通りにした(つもり)のですが、管理ページに入れなくなってしまいました。で、今更新ができない状況になっています。スクールブログの更新、しばらくお待ちくださいね。

コンテントヘッダー

『グローバル社会に生きる子どものためのー6歳までに身につけさせたいーしつけと習慣

51tco27sabL__SS400_.jpg


長かったなあ、本になるまで。
ようやく、私のこれまでの経験や知識を活かすのに、機が熟したということかなと思っています。
というのも、今回出版した本は、長年書きためてきたものを言わば編集したもの。
二つのジャンル、日本と欧米文化の違いと、教育やしつけを合体させた本なのです。

だから、倍おいしい!!!  
って思ってもらえるといいんだけど・・・

もっとも、何のために教育をするのかといえば、社会で健全に生きていけるようにということだと思うし、ということは、どんな社会になるのかを考えることは必然。
ますますグローバル社会になるわけだから、グローバル社会って結局どんな社会なのかを知らないと、教育も考えられないでしょう。
だから、決して突飛な組み合わせではなく、ごくごく当然の組み合わせなのです。

まだ、私自身も本になったものを見ていないので、ちょっとドキドキです。
ページ数の関係で、値段が少し高くなってしまいましたが、たくさんの人に読んでいただきたいと願っています。


買っていただける方は、こちらから。よろしくお願いします。
アマゾン購入ページ

コンテントヘッダー

お待たせしました。ようやく出版です。

アマゾンで本日より購入できます。
多くの方に読んでいただけると嬉しいです。
取り急ぎご報告まで。

『グローバル社会に生きる子どものための―6歳までに身に付けさせたい―しつけと習慣』  平川裕貴著
アマゾン購入ページ


コンテントヘッダー

「シティライフ」に掲載されました

関西で発行されているシティライフ4月号「Kids & Mom」コーナーで、マナー講師として、ママ友付き合いに関するアドバイスをさせていただいています。
タイトルは『ママ友との付き合いは自分のスタンスを持って』

リリパットのリトル・キンダーは少人数ですので、お母さん達も和気あいあいと気持ちの良いお付き合いをされています。
でも、大きな幼稚園や保育園などでは、お母さん同士の派閥争いや人間関係のトラブルも多く、悩んでいるお母さんも多いのです。

派閥争いはどこにでもありますね。人が集まれば必ずボスが生まれますから。
ボスにもいろいろなタイプがあって、良いボス(リーダー)だといいのですが・・・
そんなお話も、またブログで書いていきましょう。

シティライフの取材でお話した内容は、ママ友に限らず、すべての人間関係に当てはまります。ご参考にしていただければ幸いです。

シティライフは、地域の情報が満載。ネットでも見られますので、ご興味がある方は、下記からご覧ください。
シティライフ4月号
神戸版
阪神版
北摂WEST版
北摂EAST版

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR