コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

なぜ、お母さん達は子どもを叱らなくなったのか?

忘れもしません1989年、私の英会話教室に、体験にやってきた親子がいました。
4歳の男の子とお母さん。
商業ビルを借りて開校していたその教室は、入るとまず受付カウンターのあるロビーと、
教室が2つありました。
まだ、最初のレッスンが始まる前で、その親子が一番乗りでした。
入って来た途端、その4歳の男の子は、可愛い飾りや教材用のおもちゃの置いてある
教室に突進、靴のまま上がり込んで、置いてあったフルーツのおもちゃを
放り投げ始めました。

私は、お母さんが慌てて注意するものと、お母さんの方を見ました。
するとそのお母さんは、ニコニコ笑いながら、その子のすることを
見ているではありませんか。
教室に靴のまま上がっていいのか(ダメです)、
おもちゃを勝手に触っていいのか(ダメです)、
と確認することもなく、こう言いました。
「うちの子は自由にのびのび育てているんです」
その時の衝撃を未だに忘れません。

1980年代、アメリカから入ってきた教育法、「子どもは自由にのびのび育てよう」
私は1951年生まれで、アメリカが夢だった時代に育ちました。
プールのある大きな家、バカでかいオープンカー、強くたくましいお父さんと
優しくきれいなお母さん。カッコいいボーイフレンド。
まだまだ戦後の貧しさの中にいた日本人には、全てが夢のようでした。

当時放送されていた「うちのパパは世界一」「カレン」「パティ・デュークショー」
なんていうアメリカのホームドラマを、食いいるように見ていたものです。
そんな私でも、この教育法が、あたかも画期的で素晴らしい教育法であるかのように
日本に紹介された時、強い危機感を抱きました。
なぜなら、日本とアメリカでは文化的な土壌がまったく違うからです。

アメリカではしつけは親の役目です。学校はしつけには一切口を出しません。
というより多民族国家のアメリカでは、民族も宗教も習慣も違いますから、
学校の先生はしつけに口を出せません。
その代わり、子どもに問題があるとすぐに親が呼び出されて注意されます。
アメリカは個人主義の国、基本的には自分の力、自分の実力で
生きていかなければなりません。
社会のルールやマナーを知らないというような社会性の欠如は、
社会からはみ出してしまう恐れもあります。

ですから、家で親がとても厳しくしつけていたのです。
当時いた外国人講師からも、「しょっちゅう父親にお尻をベルトで叩かれた」
なんて話も聞きました。
そんな親の厳しさからか、当時「自分に自信が持てない子が多い」ということが
問題になり始めていたのです。
そこで登場したのが、「子どもを自由にのびのび育てよう」という提唱でした。
アメリカでこういう教育法が提唱されたのには理由があったのです。
もっとも、私は今のアメリカの荒廃は、この教育法が、親にとって都合のいい
放任主義を生み出した結果だと思っているのですけど。

当時は英語ブーム、アメリカに憧れていた日本のお母さん達の中にも、
この教育法に飛びついてしまった人がたくさんいたのです。
だって、放っておいていいって言われたようなものですから、
親としてはこんな楽なことはありません。

かくして、まったくしつけされずに育った子ども達が増え、やがてその子達が
親になっているのが今の時代です。
自分がしつけされずに育った親は、当然自分の子どもにも
何を教えていいのかわかりません。
頼りになるはずのおじいちゃんおばあちゃんが、放任主義の張本人ですから、
こちらも全く当てにできません。

こうして、第2世代の子どもを叱れないお母さん達は、ただ今第3世代の
子どもを叱れない親予備軍を育てているというわけです。
きちんとしつけがされている子と、そうでない子の差が、広がるばかり。
どこかで、この連鎖を断ち切れないものでしょうか?

というわけで、今しつけに関する本を執筆中です。
阪神淡路大震災や東日本大震災の時に世界を驚かせた、
高い倫理観や道徳心を持った日本人。
思いやり深く、細かい気配りができる日本人。
いつまでも世界に誇れる日本人でありたい。
そのためには幼児期の教育が何よりも大切だと思っています。

頑張って書きます。
スポンサーサイト
プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。