コンテントヘッダー

なぐさめ?

遠方から、バス・電車・バスと乗り継いで2歳から通ってくれていたSちゃんが、
6月末で退園しました。
1つ上のお姉ちゃんと二人で4年近く通ってくれていましたが、
この春お姉ちゃんが卒園して小学校へ行き始めて、送迎が困難になったからです。

私自身は、お母さんがお仕事を始められたこともあって、Mちゃんの卒園の時に、
Sちゃんも一緒に辞めるだろうと覚悟していました。
ですから、この3カ月はおまけだと思うようにしています。

でも、2歳から預かっていて、お姉ちゃんが卒園していますので、
Sちゃんの卒園を見届けられないのはやはり寂しいです。

そんな私の心境を察してくれたのか、Sちゃんの退園を子ども達に話した時、
小さな子供達が一生懸命慰めてくれました。

S君。今年から3歳になった妹のHちゃんも一緒に来ていますが、
今お母さんのおなかには赤ちゃんがいます。
「Sちゃんの代わりに、今お母さんのおなかにいるぼくの妹が来るから!」

M君。1歳の弟がいます。
「ぼくの弟も一緒に来るから!」

S君は来年卒園。4月から3歳になった弟G君も一緒に来ています。
「ぼくはGと一緒にアフタースクールに来るから」

極めつけはYちゃん。
「お母さんが元気になったら、赤ちゃんできるから。あいちゃんっていうの。
あいちゃんも来るから」
「えっ?! お母さんのおなかに赤ちゃんいるの?」
「ううん、まだいない」


う~ん。今から妊娠して生まれるまでに約1年。それから3歳になるまで待って入園。
卒園するまでに3年か4年。7、8年かかるよねえ。いくつになってるかな、私・・・

思わず笑ってしまって、寂しさも吹き飛びました。みんなありがとう。
退園したSちゃんは、どこででもちゃんとやっていける子だものね。


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

オンリーワン

今日も賑やかに一日が終わりました。

私がやっている英語の幼稚園型スクールですが、こんなスタイル日本でたぶんオンリーワンでしょう。
欧米式のインターナショナルプリスクールとはまったく違いますし、日本の幼稚園や保育所とも全然違います。
国際的に通用するような人になってもらいたいけれど、同時に日本人としてのアイデンティティもとっても大切。
英語が話せても中身がなければ相手にされません。
だって英語が話せるだけなら、ネイティブスピーカーがいっぱいいますもの。

中身とは、日本人であること、自分のアイデンティティと自国の文化であり知識です。私達がアメリカ人と付き合ったらアメリカのこと知りたいと思いますよね。インド人ならインドのこと、フランス人ならフランスのこと。
それと同じで、プライベートでもビジネスでも日本人と付き合おうとか、日本人を採用しようというのは、日本のことを知りたいから、日本人としての知識が必要だからです。

だから、ほとんどの時間を英語で過ごすけれど、日本式のしつけも大切にしています。
自分の意見や考えはしっかり持ってほしいけれど、だからって協調性のないのは困る。
お勉強も大切だけど、人にやさしく思いやりのある子になってほしい。
競争心は時にはとってもいいモチベーションになるけれど、人に勝つことだけを目標には
してほしくない。

長い人生で、大切なのは、昨日の自分より成長していること。
心豊かな人生を送るために、自分を知って、自分らしく生きること。
子ども時代は、大人になってからの長い人生を生き抜くための準備期間だと
思っています。
だから、子ども時代に大切なのは、点数をつけられるようなお勉強ではなく、
漠然とした言い方になってしまうけれど、人間性を育てること。

お勉強は、言ってみれば自分の得意不得意を知るためのもの。
得意不得意が分かれば、自分は何をしたいのか、何を職業に選べばいいかって
決めやすいでしょ。
すべてにパーフェクトなんてありえないのですから。


どうしたら、その子の個性を生かし、いい部分を伸ばしてあげられるか?
どうしたら、その子が社会生活を送る上でちょっと問題と思う部分を
矯正してあげられるか?

明日もまた、一人一人の子ども達と向き合ってがんばります。






コンテントヘッダー

0からスタートです

別のブログで2006年から1400以上の記事を書いていましたが、
ブログのトラブルを解決するためにいろいろやっていたら、
間違って記事を全部消してしまいました。

神戸で英語の幼稚園のようなスクールをしていますので、教育のことや子育てのこと、
社会のこと、そしてプライベートなことなどいろいろ書いていました。
自分の生きた証しのつもりで書き続けていましたので、とてもショックでした。

でも、日々小さな子ども達に囲まれて元気をもらっていますので、
気持ちを新たにしてまた書き始めようと思います。

で、どうせ気分一新するならと、新しくこちらで始めることにしました。
慣れたブログと違って、手探り状態ですので、最初はボチボチ。
まあ、タイトル通り、あせらずゆっくりいきます。

追々自己紹介なども兼ねて、いろいろ書いていきたいと思いますので、
よろしくお願いします。
プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR