コンテントヘッダー

なぜ英語に「結婚」という単語がないのか?結婚に対する欧米と日本のちがい

lPIjCRHYHi4V3uc8aXCynvVddWVTCowuKLhg10Px4NY7sMfQgKaR3KIsHtXhT0Pt.jpg






KIDSNAの記事が本日掲載されました。




以前予告していました「なぜ英語に夫婦という単語がないのか」、という疑問に対する私の考えです。




欧米と日本では、夫婦のあり方もずい分違います。




それはもちろん文化や生活習慣の違いからからくるものです。




でも、現在は世界のグローバル化が進んで、日本も欧米化していますし、逆に欧米にも東洋文化が入り込んでいるなと感じることも多いです。




些細なことですけど、こんな疑問から考えを広げ深めていくのも面白いです。




話のネタに、ぜひお読みくださいね。




Facebook などされている方は シェアしていただけると嬉しいです。





なぜ英語に「夫婦」という単語がない?結婚に対する、欧米と日本のちがい



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

遊ばせ方で差が出る!これからの時代に必要な子どもの「脳力」を育てるコツ


img_f2917eccf0321eee10c6cb86d8e1c08e85276.jpg



ハピママの記事が公開されました。



『遊ばせ方で差が出る!これからの時代に必要な子どもの「脳力」を育てるコツ』





このブログでも書いた、私が子ども達の自由遊びを大切にしている理由の中で、能力を育てる部分をまとめました。



子どもがおもちゃを散らかしたりすると、確かにイライラするし、腹も立ちますね。



でも、そうすることで学べることもたくさんあるのだと思うと、「まっいいか!」と我慢できますよね。





アイデア豊富な人や機転が利く人は、幼児期にいっぱい遊んでいた人だと思います。



そして、これからの時代は、そういう人が必要とされるのです。
コンテントヘッダー

英語教育の専門家が教える、幼児がアルファベットに興味を持ち身につけるとっておきの方法

KIDSNA0619.jpg



英語関連の KIDSNA の記事が公開されました。



『英語教育の専門家が教える、幼児がアルファベットに興味を持ち身につけるとっておきの方法』




「聞く」ことから始めて 「話す」に進み、 次に 「読む」 「書く」 と


日本語を覚えたのと同じように進むのが自然で理想的です。


で、今回は文字に興味を持たせる方法を書いています。




これまで、聞くこと、話すことという順番で記事を書いてきていますが、


なぜ、読むことや書くことから始めてはいけないのでしょうか?


ここに日本人が、英語が苦手な理由があると筆者は考えているからです。


これについては、来月にでも記事にしたいと思っています。




今月、KIDSNA には、ちょっと面白い記事をもう一本書いています。


「英語にはなぜ夫婦という単語がないのか」という疑問に対する答えです。


こちらも公開されましたらお知らせしますね。


お楽しみに!
コンテントヘッダー

専門家が教える。子どもの英会話教育は、家で1日20分のルーティーンが効果的

4wCmNGtR5iyzFt6kMG5jbbyQ4GiYwy6Kqm944sR807tCvAMbgU4taPT2wXJgFh7M.jpg



今日は、KIDSNA に掲載された英語関連の記事をご紹介します。




『専門家が教える。子どもの英会話教育は、家で1日20分のルーティーンが効果的』





この記事では、年齢別に方法をご紹介しています。



私が大切にしていることは、子どもに英語を面白いとか楽しいと思わせること。



そして、英語を好きになってもらうことです。



面白いとか好きだと思えば、どんどん吸収していってくれます。



逆に、無理やりやらされたのでは、やっている振りだけで頭には入っていないでしょう。



しかも、大きくなればなるほど、英語以外の学科に取られる時間も多くなりますから、好きでなければなかなか自分からどんどん学んでくれなくなります。



ぜひ、お読みくださいね。


コンテントヘッダー

子どもがいじめに遭った時、「安心して相談できる親」であるために大事なこと3つ

ijime9.jpg



最近また、イジメによる子どもの自殺のニュースが続いていますね。



誰にも助けを求められずに、死を選ぶまで追い詰められていったのかと思うと、とても悲しいです。



自殺までいかなくても、一人悩んでいる子は多いのではないでしょうか?



優しい子ほど、親に心配かけまいとしてしまうからです。





だからこそ、幼児期から、なんでも親に話せる環境や関係を作っておくことが大切だと思います。



幼児期に親に話を聞いてもらう習慣がなければ、小学校や中学校に行ってから「なんでも話しなさい」と言われても話せません。





わが子がいじめに遭わないという保証はありません。



幼稚園では無事でも小学校で、小学校で無事でも中学や高校でいじめの遭うかもしれないのです。



ぜひ、幼児期から、親になんでも話せる関係を作っておいてくださいね。



子どもがいじめに遭った時、「安心して相談できる親」であるために大事なこと3つ


プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR