コンテントヘッダー

姥捨て山

子どもの頃に聞いた話で、印象に残っているものがあります。
本を読んでもらったのか、話を聞かされたのか、もう記憶ははっきりしていません。
覚えているのは、「男が年老いた母親を背負って山に捨てに行った。その山を姥捨て山と言う」ということ。

男が涙を流しながら山道を登り、母親が一人では帰って来られないところまで行って、置き去りにして帰るという。
その光景のイメージが頭の中に残っているから、絵本だったのかもしれません。
その話を聞いた時は、子ども心にもとても残酷な話だと思ったし、なぜ親を捨てるかまったく理解できませんでした。

でも、先日秋川リサさんが、母親の認知症のことを告白されている記事を読んで、この姥捨て山のことがふと思い出されました。

秋川さんのお母さんの症状はとてもひどくて、夜中も家を飛び出す、家の中で新聞紙に火をつけたとか、トイレ以外の場所で粗相し家の中は汚物とアルコールの臭いがしたとか、本当に壮絶です。

一口に認知症と言っても、症状は人によってさまざま。
何もわからなくなって、ボーとおとなしくしているなら、家族も面倒を看ることは可能でしょう。
でも、そんな扱いやすい認知症の方が少ないのかもと思います。

徘徊はもちろん、怒鳴りまくる、所構わず排泄する、人を泥棒呼ばわりする、人の前で服を脱ぎ始める、私が実際に見たり聞いたりした話です。

昔も認知症は当然あったでしょう。
突然自分の母親がわけのわからないことを言い出したり、しだしたりして、 やがて手に負えなくなる・・・
老人ホームなどない時代。

姥捨て山と呼ばれる山があった。
泣きながら親を捨てに行った男の話が、子どもの頃とまったく違ったものになり、身につまされます。


私の母も認知症で、養護老人ホームに入っていますが、もう私のこともわかりません。
父が生きている頃には、父と私が楽しげに話しているとやきもちを焼いて、私を睨んでいました。
母に会いに行く回数はすっかり減ってしまい、母への愛情が薄れていくのを、後ろめたく寂しく感じる今日この頃です。


『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』
応援ありがとうございます。

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

人生って? 5  -無意識の選択-

人間が自分を創造していく時には、無限の自由が与えられています。

もちろん、肉体的には制限だらけです。
生まれた環境も変えられないし、持って生まれた肉体的な特徴も
どうしようもありません。
自分に与えられた能力にも限界があります。
けれど、頭の中で考えることには制限がありません。 

何かの出来事が起こった時、それについてどう考えるかはまったくの自由。
誰にも制限されないし、誰にも止められません。
強い自分でありたいとか、やさしい自分でありたいとか、
どう考えるかを、意識するしないに関わらず、自分で選択することになるのです。
それが人間に与えられている究極の自由だと私は思います。

そしてさらに、頭の中で選択した思考を何らかの行動に移すかどうかも
選択することになります。 
日常生活の中で、私達はほとんど無意識に小さな選択を繰り返して行動しています。
ご飯にするかパンにするか、赤の服にするか青にするか、今出かけるか後にするか・・・
ほとんどは、人に迷惑をかけることも、問題を起こすこともない些細な選択です。

ところが、人間の社会で多くの人と関わり始めると、時として、愛憎や、利害や、
自分の尊厳にかかわるような重大な出来事が起こります。
最近のストーカー事件のように、自分の愛が受け入れられないとか、
同じポジションを狙うライバルがいるとか、騙されて大きな損害を被るとか、様々です。

そういう出来事が起こった時、人はどう考えるでしょう?
思考には制限がかからないから、「あいつさえいなければ・・・」とか
「この恨みをはらしてやる!」などと考えることもできます。
恐らく人間なら誰しも、このような考えを持ったことがあると思います。
こういう考えが浮かぶことを止めることは、誰にもできません。

極端に言えば、気に喰わないから殺してしまおうと考えて、
それを実行に移すことも可能です。
世の中には実際に、自身に歯止めをかけられずに犯罪者になってしまう人もいますね。
また、殺すところまではいかなくても、大人の社会でも子どもの社会でも
蔓延しているいじめは、気に入らない人間を排除しようという思考が
生み出す行動ではないでしょうか?


逆だと思われるかもしれませんが、意識してやっている人間は
救いようがあると思います。
自分で自覚して選択しているからです。 選択を変えることができます。
でも、人が無意識にしていることを変えさせるのは至難の業です。
一番怖いのは無意識に間違った選択をしている場合なのです。
言い方を変えれば、モラルの欠如、罪の意識がまったくないと言う場合です。
コンテントヘッダー

人生って? 4  -自己の創造-

それぞれに与えられた人生のテーマ。 それを探る長い旅。

人間として肉体を持った魂は、いろいろな出来事に遭遇します。
というより、いろいろな出来事が起こらなければ何も経験できないのです。
経験しなければ学べないし気付けない。
肉体を持つ理由は、経験することにあるのかもしれません。

逆に形を持たない魂というものの世界を想像してみましょう。
肉体がなければ、人から受ける優しさや、試練に耐える辛さや、
愛する者を失う悲しみを経験することができるでしょうか?
肉体がなければ、それはすべて想像にすぎません。
いえ、想像すらできないかもしれませんね。


人間はいろいろな出来事を通じて自分というものを創造していきます。
起こる出来事に対して、自分はこう思う。 自分はこちらを選ぶ。 自分はこうする。
意識していなくても、行動の全てに、自分の選択が関わってきます。
例えば、今日はどの服を着ようか、お昼ご飯は何にしようか、帰りに飲んで帰ろうか
まっすぐ帰ろうか、テレビを見ようか、どの番組を見ようか・・・
誰でも無意識に選択しています。

一方、人生に関わるような重大な選択もあります。
どの学校を選ぶか、どの会社を受けるか、誰と結婚するか、どこに住むか、
転職するか、起業するか・・・
一つの選択で、その後の人生がまったく変わってしまいます。

そういう選択を繰り返すことで、自分は何者か、自分はどういう人間なのか、
自分はどうありたいのかという、言わば自己を創造していく作業をしているのです。
そしてそれが、他人と自分を区別する物差しにもなります。 

世界にどれだけの人間がいようと、今の自分とまったく同じ人間はいないし、
未来永劫二度と現れることもありません。
どれだけ、輪廻転生を繰り返していても、今回のこの人生、今の自分は一回きりです。

その一回きりの環境や経験から、自分を創造していく過程が生きるということであり
人生というもの。
秒刻みの選択から、何年もの時間をかけての選択まで、人間は日々変化し、
新たな自分を創りだしていきます。
その中から人はそれぞれ、今回の人生のテーマに関する何かを学び、
何かに気付くことになるのではないかと思います。

コンテントヘッダー

人生って? 3  -人生のテーマ- 

相対的な人間の社会では、差別ではなく区別は生まれます。
他の人と比べることでしか自分を特定できないのですから、仕方ありませんね。

男と女も違いますし、国が違えば、政治や経済、宗教も違います。
アメリカに生まれるか、アフリカに生まれるかでは、当然のことながら
まったく違う人生になります。 
同じ国に生まれても、その地域によって、気候や風習が違います。
その家庭によって、家族関係や経済的余裕度、抱えている問題も違います。

私は何故、日本に生まれたのか? 
何故、この両親の下に生まれたのか?

人生を一回きりと考えたら、世の中不公平だと思いませんか?
有り余る才能を与えられている人がいます。有り余る富を持つ家庭に
生まれる人もいます。
片や、雨露をしのぐ家さえない人がいます。
食べるものがなくて飢え死にする人もいるのですから。
人生が一回きりなら、神様はあまりにも不公平です。

でももし、魂の存在や輪廻転生を信じれば、まったく別の捉え方ができます。
『今回のこの人生』 という考え方です。
これまできっといろいろな国で生まれ、いろいろな環境の下で、
様々な人生を送ってきたのでしょう。
男であったり女であったり、黒人であったり白人であったり、
豊かな家庭であったり貧しい家庭であったり、善人であったり悪人であったり、
もしかしたら、犯罪者だったりもして・・・
そこから学んだこと、気付いたことを魂に記憶しながら
人生という旅を続けているのだと。

そう考えると、今回この環境に、この状況で生まれる、という設定を選んだ理由や
テーマがあり、今回の人生を生きる意味があるのです。
この環境に生まれたことで学び、気付く何かがあるのです。

ところが人生のテーマとその答えはそう簡単にはわかりません。
たぶん気付くのは死ぬ時ではないかと私は思っています。
言い方を変えれば、答えに気付いてしまったら、
肉体を持って生きている理由がなくなるからです。





コンテントヘッダー

人生って? 2  -人間の社会-

私の実家は神道です。ですから仏壇ではなく神棚がありました。
神道は「八百万の神」と言うように全ての物に神が宿るという考えで、
言ってみれば自然崇拝。宗教としてはとてもおおらかです。
私自身は特定の宗教を持っていませんし、どんな宗教団体にも属していません。 
仕事に宗教を持ち込むつもりもありません。

けれど、宗教心は大切だと思いますし、魂や生まれ変わり(輪廻転生)を
信じるか信じないかで、人間や人生に対する考え方が根本的に違ってきますよね。 
この人生は一回きりのもので、二度と生まれてくることはないと考えれば、
生きている間に好きなことをしよう、やりたい放題しようという考えもあるでしょう。
行きたい所に行って、おいしいものを食べて、自分の好きなように生きたい。
そう考えても無理はありません。


逆に、魂の存在や輪廻転生を信じるとすれば、人生とは何か?という疑問も
沸いてきます。 
魂とは何で、人間は何のために生まれてきたのか?
何のために生きているのか? 何を目的として生きるのか?
 

人間は何のために生まれてきたのか、何のために生きるのかを考えるためには、
人間の社会がどうなっているのかを見なければなりませんね。

人間の社会は、相対的なものです。
分かりやすく言えば、みんな背丈がバラバラだから、背の高い人や低い人が存在します。 
もしみんなが同じ背丈なら、背の高い人も低い人も存在しません。 
太っている人、痩せている人もしかり。 きれいな人、そうでない人。 
頭のいい人、悪い人。 歌の上手い人、下手な人。 スポーツの得意な人、苦手な人。 
強い人、弱い人。 健康な人、病気の人。
世に中の人みんなが優しければ、優しい人も存在しません。 
悪人がいなければ、善人も存在できないのです。 なんだか禅問答みたいですけれど。

もし、人間がみんなピンポン玉のように、同じ色、同じ形であれば、
自分というものが存在できるのでしょうか?
自分と同じ姿かたちで、同じように考えるクローン人間ばかりの世界を想像すると、
ちょっと気持ち悪いですけど、私という人間を他の人とどう区別できるのでしょう?
自分と言うものの存在意義すらなくなってしまうのではないかしら?

もし、みんなが何もかも同じなら、人間の社会は必要ないでしょうね。 
そうじゃないということに意味があるのでしょう。


プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR