コンテントヘッダー

私が子ども達の自由遊びを大切にしている理由 その4

170523-5.jpg



私のスクールでは、朝来校後に室内でのプレイタイム。



そして、一日の終わり、お迎えの前に外遊びを入れています。



外遊び(これも子ども達が自由に遊びます)をしながら、お迎えを待ちます。




このスケジュールは、サンドイッチの逆バージョン。



サンドイッチって、中においしい具が入っていますよね。



その逆なので、子ども達にとってのおいしい具、すなわちお遊びで、お勉強を挟んでいるというわけです。




朝十分に遊ばせますから、その後のレッスンタイムが集中できるんです。



もっともレッスンタイムと言っても、ゲームを取り入れた楽しいものなのですが、一応レッスンとしてけじめをつけさせますから、自由には振る舞えません。




基本的には、1時間半ほどの英語レッスンタイム、30分ほどの日本語タイムを済ませたら、ランチです。




ずっと、英語で過ごすことになっていますから、まあずっと英語のレッスンにはなっているんですけど、気持ちの上でけじめをつけさせるために、レッスンタイムとかランチタイムとか区切っているわけです。





あくまでも自由遊びが大切で、大人が指示して遊ばせるのは、例えば「みんなでこうして遊びましょう」としてしまうと、子どもの自主性は育ちません。




それに、一番大切な、子どもの個性を知ることができなくなります。




一人で黙々と遊ぶのが好きか、みんなでワイワイ遊ぶのが好きか



リーダータイプなのか、フォロワータイプなのか



自分の意見を言えるのか、遠慮してしまうのか



きつく言われても平気か、傷つきやすいか



自分の思い通りにしたい気持ちが強いか、気にしないか



負けん気が強いか こだわらないか



周りが見えてよく気がつく方か、集中して周りが見えなくなる方か



他の子の行動やおもちゃを気にする方か、気にしない方か



自分のより小さい子に関心があるか、ないか



自分より大きい子に関心があるか、ないか



怖いもの知らずか、こわがりか



慎重化か大胆か



などなど




観察したいポイントはいっぱいです。どちらがいいとか悪いとかではありません。




そうして、それぞれの個性がわかったら、その子に合った接し方をしていくわけです。



叱り方も変えねばなりません。



強く叱っても平気、または、その方が効果がある子もいれば、強く叱るとへこんでしまうとか、後を引く子もいるわけです。




その上で、その子にとって、社会に出た時に困るかもしれないと思うポイントを、重点的に指導していきます。




短所は長所にもなりますし、長所は短所にもなりますから、型にはめようとは思いません。



一人一人違っているから、世の中うまくいくわけですから。



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

私が子ども達の自由遊びを大切にしている理由 その3



playtime1.jpg


自由遊びで、発想力、思考力、コミュニケーション能力、問題解決能力などが身に付くと書きました。



昨日書いた中で、特に取り上げたいのが、子どもの喧嘩です。



子ども達が集まると、必ずおもちゃの取り合いや、「叩いた!」「叩いてない!」などの喧嘩が始まります。





私は、喧嘩も、口で言い合っている間は止めません。



長引く時は、解決のヒントを与えることはありますが、基本的には自分達で解決させます。



大抵は、二人でいい解決策を見つけたり、仲裁に入る子がいたりして、子ども達自身で解決しています。







子どもは正直ですから、喧嘩では、お互い思ったことをストレートに言います。



”I don't like you!" 「○○なんか嫌い!」



”I don't want to play with you!" 「もう一緒に遊ばない!」



”Go away!" 「あっちへ行って!」



などの言葉が行きかいます。





そのことで、言われた方の子どもは、どんなことを言われると傷つくのかがわかります。



言われて嫌な気分になる言葉、言われて悲しい気分になる言葉などがわかっていくのです。





また、言った方は、どんなことを言えば相手が怒ったり悲しんだりするのかがわかります。



相手を傷つける言葉があることに気付くのです。





さらに、同じことを言っても平気な子もいれば、泣き出す子もいる。



同じことを言ったのに、相手の反応が時と場合によって違う。



同じ言葉でも、言い方を変えれば、相手が怒らないし悲しまない。



など、人間関係の複雑さや難しさや面白さも、学んでいるのです。





そして、言ったり言われたりする経験の中で、怒りや悲しみといった自分の感情をコントロールする力がついていくのです。



この繰り返しが、子どもの精神力を強くするのです。



さらにうまくいけば、凍り付いた場を和ませる術まで身に付けていきます。





子ども達が、小学校、中学校と進み、さらに社会に出た時、ちょっとやそっとのことでは、へこたれない精神力を身に付けさせておきたい。



幼児期はそのための訓練期間であり、自由遊びはそのための絶好の訓練だと思っています。







<KIDSNA(キズナ)の記事> 新しいサイトなので、PVに貢献したいです。お読みいただけると嬉しいです。



幼児期ならまだ大丈夫!英語教育の専門家が考える「子どもが英会話を始める最適な時期」とは



『英語を学ぶのは早ければ早いほどいい。遅くなるほど不利になるその理由は?』



『なぜ、英語力だけではダメなのか。世界に通用する子を育てるためには』




コンテントヘッダー

私が子ども達の自由遊びを大切にしている理由 その2

playtime.jpg


前回は、自由におもちゃを選ばせて遊ばせ、さらに自分達で片付けさせることで、発想力や記憶力や脳の訓練になると書きました。

これは、おもちゃを使うことで身に付く力です。


今日は、おもちゃを使おうが使うまいが関係なく身に付く能力のお話です。




大人(先生)が何も指示を与えず、子ども達に自由に遊ばせると、実にいろいろなことが起こります。


まず、子どもは自分で何をするかを決めなければなりません


おもちゃで遊ぼうか、お絵かきをしようか、DVDを見ようか、本を読もうか、たくさんの選択肢の中から自分で決めなければならないのです。


おもちゃで遊ぶと決めたら、どのおもちゃで、どんな風に遊ぶかを考えます。


お絵描きをすると決めたら、紙を手に入れなければなりません。


DVDや本と決めたら、どれにするかを選ばなければなりません。



そうして、遊んでいても、色々なことがひっきりなしに起こります。集団生活ですから。



もし、自分の好きなおもちゃを他の子がすでに使っていたらどうするのか?


自分が使っているいるおもちゃを、他の子が使いたがったらどうするのか?


他の子が、自分が使っているおもちゃを、勝手に取っていったらどうするのか?


他の子の遊びの中に入って行きたければどうしたらいいのか?


おもちゃの取り合いで喧嘩になったら、どうすればいいのか?


他の子が喧嘩を始めたらどうするのか?


一人でポツンとしている子がいたらどうするのか?


誰かと遊んでいても、他のことをしたくなったらどうやって抜ければいいのか?



自由遊びでは、自分から動かなければ、ずっとポツンと立ったままで、楽しく遊ぶことができないでしょう。

実際、いつも先生に指示されて動いているような子どもは、自由に遊びなさいと言っても遊べません。指示がないと、何をすればいいかがわからないのです。



子ども達は、


自分で考えること = 思考力

人とどう関わっていけばいいのか = コミュニケーション能力

問題が起こった時に、どう対処していけばいいのか = 問題解決能力



を、遊びの中から自然に学んでいます。


集団での遊びは、社会で起こり得るようなことを、自然に学ばせる絶好の機会なの
こういうことが幼児期に身に付けるべき、大切な能力だと思っているのです。





<KIDSNA(キズナ)の記事> 新しいサイトなので、PVに貢献したいです。お読みいただけると嬉しいです。


幼児期ならまだ大丈夫!英語教育の専門家が考える「子どもが英会話を始める最適な時期」とは


『英語を学ぶのは早ければ早いほどいい。遅くなるほど不利になるその理由は?』


『なぜ、英語力だけではダメなのか。世界に通用する子を育てるためには』

コンテントヘッダー

私が子ども達の自由遊びを大切にしている理由 その1

fba5624d0de5c7d822c6343da77bdfe5_s.jpg


私のスクールでは、朝登園後に、室内でのプレイタイムを設けています。



英語の幼稚園型スクールですから、プレイタイムも子ども達は英語で話し、縦割り保育なので、3歳から6歳までが一緒に過ごします。



プレイタイムに、私から遊びを指示することはありません。



子ども達はたくさんのおもちゃの中から、自分が興味を持つものを出してきて遊びます。



それぞれがおもちゃを選びますので、プレイルームの床一面におもちゃが散らかることが多いです。





家でなら、なかなかお母さんに許してもらえない遊び方かもしれませんね。



普通は、「一つ出したら、一つ片付けなさい!」って言いますよね。



大人(おもちゃメーカー)が決めた遊び方で、散らかさずにワンパターンで遊んでくれる方が、ちゃんと遊んでる?って安心かもしれません。





でも、私の考え方はちょっと違います。



床に散らかったそれぞれ違うおもちゃを組み合わせて、子ども達は実にユニークに遊びます。



プラスチックのフルーツを入れていた大きなバスケットは、ひっくり返してテーブルやいすに変身させています。時には小さなバスケットが帽子や太鼓になります。



アルファベットブロックは、お城やビルになることもありますが、誰かが料理人になれば、お節料理のように、おもちゃの重箱の中にきれいに並べられています。



木製の動物は、たまに動物園に置いてもらえますが、ほとんどはにオーブンの中で、動物クッキーとして焼かれて、私も時々お相伴に預ります。



プラスティックのニューブロックで作った電車や飛行機の中に、ドールハウス用の人形が運転手やパイロットとして乗っています。



それらは、色々なおもちゃが目に入るから生まれてくる発想なんですね。



バスケットはバスケットとして、ドールハウスの人形はドールハウスで使うもの、なんて大人は固定観念で考えてしまいますが、子どもには、まだそんな固定観念がないんです。



だから、目に入れば、そばにあれば、自由な発想で使えるんです。







そんな自由な発想力は、幼児期にしか育たないと思うのです。



まだ、固定観念がないことと、小学校に行けば、自由に遊ばせてもらえるチャンスは、ほぼなくなりますから。



子ども達が、おもちゃをユニークに使っていると、私は嬉しくなります。



人と違う使い方をしていたら、”Good idea!" と感心したりもします。







その代り、お片付けはしっかりさせます。



おもちゃをそれぞれ元の場所にしまうことはもちろん、ゴミも拾わせます。



いろいろごちゃまぜになったおもちゃを、それぞれ正しい場所にしまうことは、実はパズルのように脳の訓練になりますし、記憶力を鍛えることもできるのです。



実際、子ども達は、どのおもちゃがどこに片付けられるべきか、しっかり覚えていくからです。







「これどこだっけ?」と考えて 



「アッあそこだ!」と気づいて



「間違いない!」と確認して



「片付いた!」と達成感を味わう





毎日のことです。





自由遊びをさせる理由とメリットがいっぱいあり過ぎて、一度に書ききれないので、シリーズで書きますね。



<KIDSNA(キズナ)の記事> 新しいサイトなので、PVに貢献したいです。お読みいただけると嬉しいです。

幼児期ならまだ大丈夫!英語教育の専門家が考える「子どもが英会話を始める最適な時期」とは

『英語を学ぶのは早ければ早いほどいい。遅くなるほど不利になるその理由は?』

『なぜ、英語力だけではダメなのか。世界に通用する子を育てるためには』

コンテントヘッダー

上村遼太君の勇気を称えたい

今日は、先日殺された13歳の少年上村遼太君の事件について、思うところを書いてみたいと思います。
遼太君の、殺されても悪に屈しなかった勇気。
一方、たった1人を集団で取り囲んで暴力をふるった卑劣な若者たち。
何がこんな差を生むのでしょうか?
家庭や学校でのしつけや教育の大切さを改めて感じています。



上村遼太君の勇気を称えたい

誰にも助けを求められずに、13歳の少年は、自分一人で戦っていた。
なぜ、助けを求めなかったのかと人は思うだろう。
けれど、彼らの脅しが、例えばこんなものならどうだろう?
「もし、人に言ったら、お前の妹やおふくろがどうなるか」
「自分が傷つけられるのはいい、でも、家族には手を出すな」きっとそう思うだろう。


防犯カメラに映る若い男の集団。
何十分後かにどこかから戻ってきたとみられるその集団は、人数が1人減っていた。
その1人が殺された上村遼太君である可能性が高いという。
時間を巻き戻すことができたら、なんとかしてあげられたのではないか、そう思う痛ましい事件で胸が痛む。

遼太君は、以前も万引きを強要されたが、断ったために暴力を振るわれていたようだ。
目の周りにあざができていたという。
学校へ行くなと脅されていたとも言われている。

彼は、万引きなどの罪を犯すことを断固拒否したのだろう。
自分達の言うことを聞かない遼太君を、まるでテロリストのように、リンチした集団。
自分より若い子1人を、集団で取り囲んで暴力をふるうという卑劣さ。
同じ若者でありながら、なんという「人としてのレベル」の差だろう。

「いい先輩だと思ったのに・・・」
彼が言ったとされる言葉に、彼の絶望感が漂っている。
底なし沼に足を取られたように、彼は抜け出すことができなかったのだろう。
13歳の少年の恐怖と絶望感が痛いほど伝わってくる。

私は、上村遼太君の、脅しに屈せず断固信念を貫いた勇気を称えたいと思う。
「人は何のために生きるのか?」
「人は生まれ変わりながら、魂の成長を目指している」
上村遼太君は、今度はきっと、みんなから慕われ尊敬される素晴らしいリーダーになるべく生まれてくるだろう。


心の準備もないまま、突然理不尽に家族を奪われたご家族の悲しみに、かける言葉は見つからない。

できることは、集団で弱い者いじめをするような子を一人でも減らせるように、家庭や学校での教育の在り方を、一人一人が考えていくことではないだろうか。
遼太君の犠牲が無駄にならないことを祈りたい。



『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)


『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』


アメーバブログ
『英語が苦手な親でも大丈夫! お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』

ヤフーブログ
『日本と欧米いいとこ取り ママとキッズの心がときめくしつけのコツ』


東洋経済オンラインにも記事が掲載されています。
『本の読み聞かせが将来子を大成させるわけ』
『わが子をKY人間にする親のタイプ3つ』
『将来「お金に困らない子』はこう育てる!』
『危険!「毒親予備軍」に見られる2つの兆候』


『IT Mama 平川裕貴の記事』


読んで身に付く英語勉強法マガジン ”Cheer up English"
『簡単! 英語育児から学ぶ日米流子育て術』

プロフィール

平川裕貴

Author:平川裕貴
幼児教育研究家、キッズマナーコンサルタント、マナー講師、著述家、コラムライター、英語スクール経営者

出版物
『歌で覚える英会話 キッズソング1~3』(販売終了)
『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』(アマゾンにて販売中)
『5歳でも間に合う!わが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)全国の書店・ネットショップで好評販売中

ママ向けサイト『ハピママ』『KIDSNA』『IT Mama』で、しつけや英語に関するコラム記事執筆

英語学習者向けサイト『Cheer up English』で子育て英語記事執筆


元日本航空CA,外資系英語スクールマネージャーを経て、1988年外国人講師による子どものための英語スクール『リリパット』を設立。
一時関西に英会話教室30教室以上を展開するが、阪神淡路大震災で被災し、規模縮小を余儀なくされる。
長年欧米文化に触れてきた経験と、震災後の長く苦しい体験から得た知恵も生かし、子ども達の長い人生を見据えた幼児教育に取り組み、現在3歳から6歳を対象とした『リトル・キンダー』という幼稚園型スクールを開校。
日々小さな子ども達に囲まれて、時には笑い転げ、時には雷を落とし、賑やかに楽しく過ごしています。

第2の人生の目標として、得てきた知恵や知識を伝えるべく、本業のスクール経営の傍ら執筆活動を開始しています。

最新記事
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR